ソコロフがロシアで初めて立方体ジルコニアの染色を開始した
2021-09-15 03:21

ソコロフがロシアで初めて立方体ジルコニアの染色を開始した

ジュエリーブランドのソコロフは、ロシアで初めてフィアンセの工業用着色を開始しました。この着色技術は、ソコロフの指示により、ロシア工科大学の研究室で開発されたものです。

「今回、フィアンセの染色を開始したことで、月に20万個の石を染めることができるようになりました。自社技術のおかげで、輸入された染色済みのフィアンセに取って代わる機会が得られ、しかも当社の工場での染色コストは外国の類似品に比べて5倍も低いのです」と、ブランドのマネージングパートナーであるアルテム・ソコロフは語ります。

同氏によると、この技術により、どんな色でも作ることができ、新しいアイテムを素早く作ることができ、独自にユニークな色合いを作り出すことができ、石のサイズ、カット、バッチに関係なく、色の一貫性を確保することができます。

Sokolovは以前に市場調査を行い、消費者が安価なベーシックなシルバーやゴールドのアイテムに、天然石の類似品を手頃な価格で求めることがわかっていました。

今回の新技術の導入により、お客様は天然石の世界では見られない、あるいは希少な色を幅広いパレットの中から選ぶことができるようになり、ブランドは様々なデザインソリューションを実現することができるようになります。

これまでキュービックジルコニアの工業的着色を行っていたのは、海外のジュエリーメーカーではスワロフスキーとガリヤ・ジュエリーの2社のみでした。

メイド・イン・ロシア // メイド・イン・ロシア

著者カリーナ・カマロバ