コテルニッヒの溶接材料工場が生産を拡大
2021-09-15 04:46

コテルニッヒの溶接材料工場が生産を拡大

キーロフ地方のコテルニッチという町にある溶接材料工場が、溶接ワイヤーの生産を拡大する。これは、同州政府のプレスサービスが伝えたものです。

同社は、溶接ワイヤーの生産量を約2倍の月産800トンに拡大することを計画している。

総投資額は5,000万ルーブルとなる。

監督委員会のメンバーは、この企業の申請を審査し、融資を承認した。ロシア連邦産業開発基金の輸出評議会で審査された後、企業はキーロフ州産業基金から750万ルーブル、ロシア産業開発基金から1750万ルーブルを受け取る。

キーロフ州政府のアレクサンダー・チューリン議長は、「州政府は地域の産業部門の発展に関心を持っている」と強調しました。そのため、イーゴル・ワシーリエフ知事の主導で、キーロフ州に産業開発基金が設立された。その主な目的は、地域の工業企業に容易な条件で資金を提供し、国産品の生産を増やして需要を高めることにある。" と語った。

メイド・イン・ロシア/Made in Russia

著者マリア・ブザナコワ