IPSERの枠内でクルガン地域が61億ルーブルの投資を誘致
2021-09-15 06:41

IPSERの枠内でクルガン地域が61億ルーブルの投資を誘致

クルガン地域は、総額61億ルーブルの投資を誘致することができた。同州のヴァディム・シュムコフ長官のプレスサービスによると、これは同州の個別社会経済開発プログラムの支援策のおかげで実現したものである。

「2021年の地域の社会経済開発個別プログラム(IPSED)の実行率は57.5%。これは、IPSEDの実施2年目にあたります。この間、203社の企業や起業家が、一般的な支援策である、機器リースのための第一回目の分割払いに対する補助金を受けました。その結果、503人の雇用が創出され、61億ルーブルの投資が行われた」と発表している。

シュムコフによると、このプログラムによるマイクロローンは特に人気があるという。2020年に入ってから、96件、2億5198万ルーブルのマイクロローンが付与されている。

メイド・イン・ロシア / Made in Russia

著者マリア・ブザナコワ