テクノポリス
2021-09-16 09:40

テクノポリス "モスクワ "に1億2千万ルーブルのデータセンターが誕生

モスクワ投資産業政策局のアレクサンダー・プロホロフ局長は、「S-Platforms」社が、テクノポリス「モスクワ」の敷地内に、ビッグデータ処理のための専門センターを設立する意向であることを明らかにしました。

同氏によると、このデータセンターはテクノポリスの敷地内で6番目になるという。その主な機能は、政府の情報システムや応用分析の開発を含む、ビッグデータの処理です。

「このプロジェクトへの投資額は1億2,000万ルーブル以上にのぼり、その結果、27の新規雇用が創出される」と同部長は付け加えた。

計画では、センターは2022年までに開設される予定です。

テクノポリスのジェネラル・ディレクター、ゲンナジー・デグテフによると、同社はペチャトニキの経済特区内に800平方メートル以上の敷地を借りているという。

「S-Platformsは最近、テクノポリスの住人になりました。S-Platforms社は、ITインフラの設計、開発、実装、統合ソフトウェアの保守、作成、技術サポートの提供を専門としています。同社のソフトウェア製品は、ビッグデータやそれに基づくビジネスアナリティクスの収集、処理、保存、利用に関連する、政府や企業の顧客の応用ビジネスタスクの解決に貢献しています。

メイド・イン・ロシア // メイド・イン・ロシア

著者クセニア・グストワ