ロシア政府は、農業セクターへの融資に約100億円を充てる。
2021-09-17 11:16

ロシア政府は、農業セクターへの融資に約100億円を充てる。

ロシア政府は、ロスエルホーズ銀行の授権資本に100億ルーブルを追加計上し、農家への融資を行うことを閣議決定しました。

「政府が想定している資金は、国内農業企業の主要な貸し手であるロスエルホーズ銀行の授権資本に入ります。これにより、同銀行は、金利を補助する譲歩的なプログラムの下での融資を含め、融資の量を増やすことができるようになる」とメッセージで述べている。

政府は、農業セクターへの信用供与のための追加予算が割り当てられたことで、ロシアの農業産業複合体(AIC)製品の輸出業者が融資を受けやすくなることを期待している。

さらに、この決定は、2021年に農産品輸出業者への融資額を1,968億ルーブルに引き上げるのに役立ち、その結果、連邦プロジェクト「農業複合製品の輸出」の目標を達成することになると内閣は付け加えた。

メイド・イン・ロシア // メイド・イン・ロシア

著者カリーナ・カマロバ