モルドヴィア州で構造用複合材の製造工場が稼動開始
2021-09-27 05:49

モルドヴィア州で構造用複合材の製造工場が稼動開始

モルドヴィア州ルザエフスキー地区で、「Structural composites」工場の技術発表会が開催されました。同州政府のプレスサービスがこれを伝えた。

構造用複合材の生産工場には、革新的な産業ソリューションを開発するエンジニアリングセンター、生産拠点、専門家のトレーニングセンターが併設されます。

この新会社は、閉鎖的なクラスターを形成することで、国内の複合材料生産のリーダーとなることを計画しています。

年間生産量は4,590トン、売上高は1兆8,000億ルーブルを見込んでいます。製品の販売地域は、ロシア連邦およびCIS諸国を対象としています。

11月にはさらに4つの生産ラインの立ち上げが予定されており、150人の従業員が働くことになります。

工場「Constructive Composites」は、2019年12月からFIEZ-Ruzaevkaに常駐しています。

メイド・イン・ロシア / Made in Russia

著者マリア・ブザナコバ