2021-09-27 05:52

"ダメイト "がロストフ地方で孵化卵の自給率100%を達成

ダメイトグループは、ロストフ地域における孵化卵の自給率が100%に達しました。これは、同社のプレスサービスによって報告された。

ダメイトグループのCEOであるRashid Khairov氏は、自給率の高さが会社の重要な強みになると指摘しています。

ロストフに七面鳥の親群を設立することで、ダメイト社の家禽部門の輸入遺伝子材料への依存度を大幅に下げ、生物学的リスクを低減し、保管期間の短縮や物流の最適化により卵の品質指標を向上させることができます」。卵は非常に短い距離で輸送されるため、配送時のロスが減り、ヒナの孵化率を最大限に高めることができます」と同氏は考えています。

同社は2020年9月に親鳥の群れの形成に着手した。このとき、イギリスから1日目のヒナの最初の委託品が輸入された。2021年4月末には、すでに1万8000羽の繁殖用七面鳥が若齢産卵鶏エリアから産卵鶏エリアに移された。5月には、スペシャリストたちが繁殖用の生殖器から最初の孵化卵を受け取り、その後の商業フロック用の日齢の雛の孵化のために、自分たちの孵化場で定期的な産卵を開始しました。

「ダメート社はロシアで唯一の七面鳥メーカーであり、産業規模で独自の親鳥群を作っています。現在、飼育場の全生産拠点の設計能力は、年間約1,000万羽となっています。

メイド・イン・ロシア/Made in Russia

著者マリア・ブザナコワ