モスクワのビジネスマンは今年、約260の施設を優待価格で借りた
2021-10-11 10:45

モスクワのビジネスマンは今年、約260の施設を優待価格で借りた

モスクワ市長の公式サイトによると、首都圏の企業家は、今年の総面積が24,000「平方メートル」以上の非居住用施設約260件を優遇価格で市から借りている。

"2021年の9ヶ月間、中小企業と自営業者のための特別入札の結果を受けて、起業家は市と259件の総面積24,4千平方メートルの非居住用不動産の賃貸借契約を締結した" - ウラジーミル・エフィモフ副市長の言葉がウェブサイトに掲載されています。

合計すると、2017年以降、中小企業は市から約2,000個のオブジェクトを優遇条件でリースしている。その面積は22万7千平方メートルに達している。

最初の入札価格は、地下の敷地では1年につき1平方メートルあたり1,000ルーブル、建物の地上部分では4.75千ルーブルである。賃貸期間は10年までとなっています。

メイド・イン・ロシア / Made in Russia

著者クセニア・グストワ