クラスノヤルスク・テリトリーに大型機械工場が誕生
2021-10-11 11:08

クラスノヤルスク・テリトリーに大型機械工場が誕生

ヘンコン・シベリアは、クラスノヤルスク・テクノロジー・バレーの敷地内に、9億ルーブルを投じて機械製造コンプレックスを建設する。これに先立ち、同社は "バレー "の最初の居住者となった。

「ヘンコン・シベリアのプロジェクトは、部品の供給という点でも、KIPイェニセイ・シベリアの大型投資プロジェクトの実施に必要な設備の生産拠点を形成するという点でも、相乗効果がある。クラスノヤルスク州政府は、「この新会社の設立により、約200名のハイテク関連の雇用が創出され、相手先企業の雇用拡大につながる」と述べています。

同社は、2023年までに倉庫、管理施設、加工・補助機器を収容する組立工場を建設する予定です。2029年には追加の組立工場を建設する予定です。すべての生産施設の総面積は6.5千平方メートルになる見込みだ。

メイド・イン・ロシア/Made in Russia

著者カリーナ・カマロバ