ロシア最大の肥料メーカーが価格抑制体制を延長
2021-10-11 11:23

ロシア最大の肥料メーカーが価格抑制体制を延長

ロシアの主要な鉱物性肥料生産者は、自社製品の価格抑制体制を2021年12月31日まで延長すると、肥料生産者協会(RAPU)が発表した。

多くの農業従事者はすでに春の準備を始めており、窒素肥料を前もって購入している。今回の価格抑制期間の延長決定は、世界市場の価格が急激に変化する状況下で、農家の春の畑仕事への準備のレベルと質を向上させるものであるとRAPUは説明しています。

「一部の地域では、春まき用の主要な肥料である硝酸アンモニウムの需要が急激に増加しているか、または間もなく増加するでしょう。最大手の肥料メーカーは、農工業団地が早期購入に転じたことを歓迎し、鉱物性肥料の価格抑制体制を年末まで延長している」と協会の声明を発表した。

肥料メーカーの価格抑制体制は、今年の夏に開始されました。これは、国内の多くの地域で発生したパンデミックや自然災害の影響によるマクロ経済状況の変化を背景に、各社が農家を支援しようとするものである。

メイド・イン・ロシア / Made in Russia

著者カリーナ・カマロバ