2021-10-11 01:44

"Vodokhod "がバイカルへの冬のツアーを開始

ロシア最大のリバークルーズオペレーターであり、"Made in Russia "プロジェクトに参加している "VodohodЪ "社は、"オールインクルーシブ "システムに最大限近い、バイカルへの冬のツアーを開発したと、同社のプレスサービスが伝えました。

「2022年2月には、イルクーツクからウラン・ウデ、またはその逆方向へ、最も魅力的で絵になるルートを快適に旅することができます。また、地元の人々(ブリヤート人)の日常生活や伝統に触れることができ、ユルトなどの最も珍しい場所で民族料理を楽しむことができます。また、スノーモービルや犬ぞり、スケートなどのアクティビティも楽しめます」と「Vodokhod」誌は伝えています。

バイカルの旅の最大の特徴は、「Vodohod」社の個別注文により製作された近代的なホバークラフト「Biryusa」での湖畔の旅です。この船には、快適な椅子、モニター、衛生的なキャビン、特殊な防音材など、快適な休息に必要なものがすべて装備されているという。

船のエアクッションの高さは0.9メートルで、陸上、氷上、水上を問わず、さまざまな障害物を乗り越えて移動することができ、乗客は安心して安全に過ごすことができます。

「この航海は、シベリアの観光市場ではほとんど知られていない、バイカルの西海岸と東海岸の最も興味深い自然と文化の名所をカバーする片道ルートを取ります」とヴォドホドЪは述べている。

メイド・イン・ロシア / Made in Russia

著者カリーナ・カマロバ