ロシアは今後10年でキャッシュレス・ペイメントのリーダーになるかもしれない
2021-10-12 08:35

ロシアは今後10年でキャッシュレス・ペイメントのリーダーになるかもしれない

国際的なコンサルティング会社であるボストン・コンサルティング・グループ(BCG)のアナリストは、ロシアはカード決済量を積極的に増加させ続けており、今後10年間でこの割合は、世界の主要経済国に先んじて、この指標でのリーダーシップを強化することができると予測している、とRIA Novostiは書いている。

同社によると、2010年にロシアの一人当たりのカード決済率が世界のトップであるノルウェーの40倍と最低レベルだったとすると、10年後にはその差はわずか1.5倍になっています。

「BCGの予測によると、今後10年間でロシアのカード決済は最も速いペースで成長するという。BCGのロシア・CIS地域におけるデジタル・テクノロジー・プラクティスの責任者であるマックス・ハウザーは、「機器レベルでは、デビットカードが最も速い成長を見せると予想しています」と述べています。

彼らのデータによると、ロシアにおける非現金決済からの収入は、他の東欧諸国よりも急速に成長し、今後10年間で半分になるとのことです。

メイド・イン・ロシア / Made in Russia

著者カリーナ・カマロバ