MADE IN RUSSIA

すべての地域
日本語
専門家

"monetizing the flight of fancy".経済学者が語るクリエイティブ産業の勃興 - INTERVIEW

"monetizing the flight of fancy".経済学者が語るクリエイティブ産業の勃興 - INTERVIEW

近年、専門家の間では、創造的産業の発展とその概念について活発に議論されています。知的活動の成果である商品やサービスの販売を基盤としたこの分野こそが、今後の世界経済発展の原動力になるという意見が多く聞かれるようになりました。 メイド・イン・ロシア」プロジェクトでは、経済学部の開発担当副学部長であり、制度近代化研究所の所長であるセルゲイ・トゥルハチョフ氏に、クリエイティビティがなぜ金融機関を惹きつけるのか、なぜこのテーマがいまだに曖昧なのかを聞いた。

- まず、クリエイティブ産業の概念を理解したいと思います。

- クリエイティブ産業とは、知的活動の成果である商品やサービスを販売することを基本とした経済の特別な部門です。しかし問題なのは、この言葉の下で、誰もが異なるものを理解しているということです。方法論や評価方法も確立されていません。現在、ロシアでは創造的産業発展連盟の要請を受けて調査が行われていますが、あらゆる統計を調査した専門家によると、統一されたアプローチはどこにもないそうです。各国で適用されているさまざまな国際的な勧告がありますが、その適用方法は非常に異なっています。

クリエイティブ産業がGDPに占める割合については、いくつかの調査が行われていますが、それらも全く異なっています。現在、新しい調査が行われており、今年の終わりにはデータが発表されると思います。しかし、正しい国際比較ができないことを理解しておく必要があります。厳しい言い方をすれば、そうですね。今のところ、すべてが非常に相対的です。

- あなたから見て、なぜこの分野は「ファジー」なのでしょうか?

- 新しい球体です。新しいものが出てきて、従来の制度とは相容れないというのはいつものことです。農業は土地に、工業は建物に、技術は機械に、それぞれ結びついていたとしてもです。しかし、空想のフライトがマネタイズされると、それは「駐車場」を持たない...。

- あなたの考えでは、新しい領域の出現と、それに該当する職業のほとんどが昔から存在していることから、クリエイティブな労働を別の部門として分離する必要性とは、何が関係しているのでしょうか?

- いくつかの要因があると思います。まず第一に、個人や国の経済的成功にとってますます重要になってきている知的財産の話があります。知的財産とは、ソフトウェアのコード、デザイン、科学的・教育的手法、音楽、映画などです。特許は、現代経済においてますます重要な役割を果たしています。

その一方で、地理的な問題や移動性の増加があります。競争相手は領土ではなく、人であることは明らかです。企業、地域、国、あらゆるコミュニティの観点から成功したいのであれば、どの地域を支配しているかではなく、どのような人々が一緒に働いているかが問題となります。

- ロシアのクリエイティブ産業の発展をどのように評価していますか?

- これには非常に重要な側面があると思います。仕事場があり、居住地があり、販売地があります。先進国」と「未開国」の意味を理解することが非常に重要です。クリエイティブな仕事で生計を立てている納税者がいます。彼らは必ずロシアの管轄区域に登録されている会社で働くのですか?いいえ、必ずしもそうではありません。その人たちはいつもロシアに住んでいるのでしょうか?繰り返しますが、そうではありません。このように、労働市場と居住地を区別することは非常に重要です。

- では、ロシア市場とは、ロシアに住み、ロシアの企業で働く人たちのことを言うのでしょうか?

- もちろん、ロシア企業で働く人たちは、ロシア市場のためだけに働いているわけではありません。ITを例にとってみましょう。これはロシアの産業ではなく、世界の産業であることは明らかです。マイクロソフトのロシア支社で働いているロシア人が、ロシアのクリエイティブ産業に属しているかどうかは方法論の問題です。彼らはロシアで働いていますが、グローバル企業ですから、ロシアの問題ではありません。だからこそ、それを計算する方法論が必要なのであって、歴史はあまりにも多面的である。

- まあ、その方法論が形成されるのを待ちましょう。この分野で働いている人たちに話を戻すと、あなたから見て、ロシアには創造的な階級が形成されているのか、それをどのように特徴づけることができるのか。

- ここでは、「階級」という言葉が何を意味するのかを定義する必要があります。古典的なマルクス主義の理解では、これが生産手段との一定の関係を意味しているとすれば、生産手段がますます頭脳化していることから、私はこの現象を誇張してはいけないと思います。

階級について語ることができるかどうかはわかりません。むしろ、ある種の労働力に対する市場での需要について語ることができるのではないでしょうか。これが階級になるかどうかは、今後のお楽しみです。確実に言えるのは、そういう生き方をしている人たちがいて、その数は増えているということです。

- 今後、ロシアにおけるこの分野の役割や重要性をどのように評価しますか?

- もちろん、重要です。でも、ただ言うだけではダメなんです。ただ、「ロシアでクリエイティブ産業を発展させたい」というだけではいけません。話はもっと深いところにあるのです。

どうやって投資するか、どうやってこのクリエイティブな労働力が快適な生活を送れるようにするか、財産権の登録や、その環境の中でどうやって生活し仕事をするか、ということが今模索されています。

もし国がそこに住みたいと思うなら、開発に投資しなければなりません。ロシアには便利な税制や銀行システムがあり、他国に比べて不気味なほど顧客志向です。ロシア、特にモスクワは技術的に非常に進んでいますが、引き締めなければならない点もあります。

マネタイズチャンネル、情報チャンネルのコントロールは非常に重要です。私が市場で目にするのは、何かを発明する人たち(クラックポット(創造的階級)の人たち)と、この物語をマネタイズする人たち(作曲家とブランドオーナー、プログラマーと企業オーナー)との明確な対立です。これはもっと複雑な話で、今後数年のうちにその展開を見ることになるでしょう。

メイド・イン・ロシア/Made in Russia

著者マリア・ブザナコワ

0