MADE IN RUSSIA

すべての地域
日本語
projectnews

モスクワで民芸品・工芸品企業の展示会を開催

モスクワで民芸品・工芸品企業の展示会を開催

国際的に有名なロシアの民芸品企業の製品を集めた特別展示会が、月曜日にモスクワで始まりました。これは、2022年に開催される「民族文化・無形遺産年」に関連して、パートナー企業の代表者に企業プレゼントの自己資金を補充する機会を提供することを目的としています。

開会式には、ロシア産業貿易省社会的に重要な製品産業開発部のリリヤ・ヌルガティナ副部長、ロスコン財団の代表であるミハイル・サドチェンコフ氏(Made in Russia and Trade Digital Platformsの責任者)、エカテリーナ・イワノワ氏(Creative Projects Directorateの責任者)、ロシア民族芸術・工芸協会( )のコスタ・カッツォフ副理事長らが出席しました。

今回の博覧会では、「RK-Native Arts and Crafts」商社のブランド記念品を、「National Brand」商社(Roscongress Foundation)が主催するイベントに提供するという契約が結ばれました。

エカテリーナ・イワノワ氏によると、Roscongressは「民芸年」の枠組みの中で、ビジネスや文化的な国際イベントで視覚化やデザインの要素を紹介していくそうです。「フォーラムや展示会、会議の参加者に、ロシアの人々の文化の独自性を紹介するために、このようなプレゼンテーションを行うのです」。

来場者は、民芸品市場の有名な参加者によるギフト、お土産、民芸品の話題の製品の豊富な品揃えを楽しむことができます。Gzhel」、「Gusevsky crystal factory」、「Zhostovo factory」、「Khokhloma painting」、「Fedoskino」factory、「Zlatoust engraving」などです。

"私の考えでは、このようなプロジェクトへの投資は、何よりもまず、国の発展のための投資です。ですから、国をあげてのビジネス推進戦略は、将来的にも大きな展望があると思います。民芸品や工芸品は、Made in Russiaのブランドコンセプトを体現するものであり、私たちはその創造と促進を支援し、積極的に参加できることを嬉しく思います」とMikhail Sadchenkov氏は強調した。

メイド・イン・ロシア // メイド・イン・ロシア

著者カリーナ・カマロバ

0