MADE IN RUSSIA

すべての地域
日本語
主な

シュコダはロシア向けにフォルクスワーゲンのバジェットモデルを開発する

シュコダはロシア向けにフォルクスワーゲンのバジェットモデルを開発する

シュコダは、MQB-A0-INモジュラープラットフォームをベースに、フォルクスワーゲン車の新しいバジェットモデルを開発するとRBCは書いている。

自動車メーカーのプレスサービスによると、新型車のターゲット市場はロシア、インド、アフリカ、東南アジアになるという。

スケーラブルなシャシーMQB-A0-INをベースにインド向けに特別に作られた最初のモデルは、2021年初頭に導入されたコンパクトクロスオーバーのSkoda Kushaqとなった。2番目のモデルは、MQB-A0-INプラットフォーム上に構築され、コンパクトセダンSkoda Slaviaになります。

このモデルは、今年末までにインドでデビューする予定です。将来的には、Skoda Slaviaは他の市場でも販売される可能性があります。

メイド・イン・ロシア // メイド・イン・ロシア

著者Karina Kamalova


0