MADE IN RUSSIA

すべての地域
日本語
インタビュー

激動の90年代、ロシアン・オリンパスの「嵐」。作曲家ゲンナジー・フィリッポフ氏インタビュー

激動の90年代、ロシアン・オリンパスの「嵐」。作曲家ゲンナジー・フィリッポフ氏インタビュー

ロシアのミュージシャンは、欧米のレーベルと積極的に協力し、世界的なプラットフォームで徐々に名声を高めています。90年代初頭、国内のアーティストがどのようにしてアリーナに進出していったのか、作曲家兼プロデューサーのGennady FilippovのインタビューをMade in Russiaに掲載しています。

- あなたの創作の道のりや、最初に使った楽器、プロジェクトについて教えてください。

- 私は10代の頃にドラムを始め、西洋のポップ・ロック音楽に夢中になりました。その頃から最初のロックバンドを結成していました。Dmitry Kharatyanは、そのうちの1つにボーカル兼ギターとして参加していました。20歳の頃には音楽的なリテラシーを身につけ、ピアノも弾けるようになっていた。彼は、ツァリチンスコエ音楽大学のピアノと作曲のクラスを卒業している。

80年代、すべてのアマチュア・グループは、フィルハーモニー・ホールのメンバーになることを目指していました。ソ連では、音楽のオリンパスを突破するためには、それ以外の方法はありませんでした。私の最初のバンド(バンド・コラップス)は、幸運にもノヴゴロド・フィルハーモニックに入ることができました。その後、ソ連で有名な司会者でありパロディストであるセルゲイ・チェルノモルが率いるグループ「Show - 03」に改名しました。レパートリーは私が作曲したものばかりである。当時の番組は、「小国」(パクムトワ、ドブロンラヴォフ)という曲で始まった。その後、チェルノモルと別れたグループは「パルマ」と名を変えて、コミ共和国全土をツアーした。しかし、不謹慎な流通業者や管理者のせいで、バンドは解散してしまった。

半年ほど前から、自分の曲を中心としたバンド "Zodchie "で活動し、チュメン地方フィルハーモニー協会のキーボード奏者としても活動しています。

モスクワに戻ってからは、アンドレイ・ルサコフスキーと一緒にバンド「MAXI」を結成し、ニューウェーブやポップ・ダンスのスタイルで自作曲のみを演奏しました。このプロジェクトは、モスクワとサンクトペテルブルク(レニングラード)で一定の成功を収めた。私たちは、西欧の音楽のオリンパスを征服する準備ができていたのです。

- 海外での経験についてお聞かせください。若いソビエト人アーティストの海外での生活は?ヨーロッパとソビエトは根本的にどう違っていたのでしょうか?

- 私が海外に出始めたのは1989年です。スウェーデンのレーベル、スクリーン・チーム・インターナショナルが、私のメロディーと私たちのバンドに興味を持ち、2曲の契約を結んでくれたのです。レニングラードの撮影隊を引き連れて、バンド全員でストックホルムに行きました。

もちろん、「鉄のカーテン」の向こうからやってきた私たちは、スウェーデンに驚き、スウェーデンも私たちに驚いた。スウェーデンの辺境警備隊は、サモワールを持ち、耳あてのついた帽子とコックレードをつけたソ連からの代表団を見て、我々の入国スタンプを押すのを忘れてしまったのだ。

スクリーン・チーム・インターナショナルとの最初のミーティングは、結局最後になってしまった。というのも、この会社の社長であるトーマス・ムーが、ゲンナジー・フィリッポフと彼の曲にしか興味がない、他の参加者には興味がないと言ったからだ。当然のことながら、私は友人たちを見捨てることはできなかった。みんなで一緒に帰った。しかし、スウェーデンの法律では、滞在中は清掃員としてしか働くことができない。グループ全員がさまざまなレストランで働くことになった。私は日本食レストランで1日10時間働いた。すぐに、私たちの活動に興味を持ってくれるレコード会社が見つかりました。Ricochet Recordsです。私たちは2枚のシングルの契約を結び、多くの音楽活動が始まった。このプロジェクトのマネージャーには、未来の才能ある超有名音楽プロデューサー2人が任命された。ジェイコブ・ヘンドラーとカール・ミッケルです(ジェイコブは、90年代末にブリトニー・スピアーズ、クリスティーナ・アギレラ、バックストリート・ボーイズをプロデュースしました)。

彼とは良い関係を築くことができました。私はジェイコブを西洋のショービジネスにおける最初の先生だと思っています。2カ月間、毎朝、新しい曲を持って彼の家に行っていましたが、これが功を奏したのです。彼は、ロシアの音楽プロジェクトの強さは、メロディーだけにかかっていると深く信じていた。音楽的な試行錯誤やレコーディングの間に、私たちは非常に興味深い人々に出会いました。EUROPEというバンドのギタリストやSecret Serviceのリードシンガーで、当時はSonetという強力な音楽会社を設立していました。そして、仕事が本格化した頃、突然、旅の主催者と私の会社の経営者との間に対立が生じ、そのために私たちはロシアに戻ってきたのです。

- スウェーデンに戻ってからのことを教えてください。アメリカ旅行のこと、音楽バンドのこと。

- 1993年、モスクワの「グリーン・スター」社が私たちと契約を結び、西洋でアルバムを1枚丸ごとレコーディングすることになりました。探した結果、ナッシュビルの "マスターフォニックス "スタジオにたどり着きました。1年以内に10曲を録音しました。アメリカ人のチームは、ショービジネスで評判の高いメンバーで構成されていた。その名もジョー・チカレリ(フランク・ザッパのチーム)、カール・マーシュ(ZZトップのアルバム・プロデューサー)、リサ・ロイ(ハリウッドのプロデューサー)。

もちろん、このアルバムを制作している間にも、面白いアイデアはたくさんあった。そのひとつが、私の曲「Peace in the world」をアメリカのスターとジョイントすることだった。選ばれたのはカントリー歌手のドリー・パートン。この曲を聴いた彼女は快諾してくれた。残念ながら、彼女がアメリカに戻ってきたのは、私たちがロシアに戻ってから半年後でした。

- 長い創作の旅を終えて、母国ではどのように迎えられましたか?また、どの国に戻ったのですか?

- ロシアでは状況が変わり、ポップミュージックの変化も良い方向ではありませんでした。私は、アメリカのアルバムを持って、PopKomm国際フォーラム(ケルン)に直行しました。そこは、音楽ビジネスに直接関わっている専門家だけの展示会でした。そこで私は、ロシアのショービジネスの有名な代表者たちに会った。ユーリ・アントノフ、ドミトリー・マリコフ、イーゴリ・マトビエンコなどだ。多くのレコード会社が私たちのアメリカのアルバムに興味を示してくれた。モスクワには、デンマークとイタリアでアルバムをリリースするための2つの契約書を持ってきました。

- Vostok」というバンドの誕生について教えてください。90年代のショービジネスでは何が起こっていましたか?若いバンドにとって、プロモーションや資金面で大変でしたか?誰と一緒に仕事をしなければならなかったのですか?

- 現在の状況を鑑みて、私たちは西洋での活動をしばらく延期し、ロシアのショービジネスで自分たちを実現しようと決めました。スポンサーや投資家からいくつかのオファーがありましたが、私たちはAlexander Yakovlevich Tolmatskyを選びました。彼は以前から私の音楽に興味を持っていて、私たちのバンドをロシア市場に売り込む準備ができていたのです。バンドの名前とラインアップが変わった。Vostokになりました。男性ボーカルを女性ボーカルに変えた。カルテットになりました。ゲンナディ・フィリポフ、アンドレイ・ルサコフスキー、ナタリア・シガエワ、ラリサ・フィリポワ(ユドチツ)の4人です。こうして、ABBAやAce of Baseを彷彿とさせるバンドが誕生した。

トルマツキーとの提携は、すでに半年後には成功していた。1996年の初めには、「Mirages」という曲が大ヒットした。その瞬間から、VOSTOKはロシアのポップミュージックのスターとなった。その後、ヒットした曲がある。"Until We Meet"、"Dance of Yellow Leaves"、"The Snow Queen "などです。すべての曲の作者は私だけである。

3枚のアルバムをレコーディングしましたが、1998年末にトルマツキーと別れなければなりませんでした。その後、私たちはケルンに行き、ドイツのミュージシャン、ディディ・ハモンドのプロデュースで新しいアルバムを録音しました。このアルバムにはフィリップ・キルコロフが出資した。その後、アンドレイ・ルサコフスキーとナターリヤ・シガエワはヨーロッパに滞在し、別のプロジェクトに取り組みました。バンドは解散しました。

ボストーク・グループが始まって以来、多くのアーティストと仕事をする機会がありました。フィリップ・キルコロフ、マルガリータ・スクハンキナ、セルゲイ・ズヴェレフ、ジャム・シェリフ、ピエール・ナルシスなどです。90年代は、若いアーティストが資金を見つけるのが簡単でした。

- 現在、あなたはさまざまなプロジェクトをプロデュースし、プロダクションセンター「Zvezda Stolitsy」を設立しています。ロシアでのプロダクションビジネスについて教えてください。売上高はどのくらいになるのでしょうか?コストはどれくらいですか?また、新しい音楽プロジェクトや計画についても教えてください。

- Star of the Capital "プロダクションセンターは、10年代初頭に設立されました。私はヴォーカルコンテストを開催し、プロデュースできる才能あるパフォーマーを発掘しました。何年もかけて、私の代表曲(300曲以上)のバンクが作られ、意欲的なアーティストに提供されました。もちろん、「Zvezda Stolitsy」は商業ベースで活動しており、オフィスやスタジオ、従業員のチームを維持する必要があります。最近では、残念ながら裕福な人しかショービジネスに関わることができず、プロモーションもできません。私のシンガーソングライターのクライアントのうち、アルバムを録音したり、曲の独占権を買ったりできる人はほとんどいません。

2017年、私は素晴らしいミュージシャンでありシンガーであるナタリア・ロディナと出会いました。私たちはVostokというバンドを再構築し、15年ぶりにいくつかの新しいアルバムをレコーディングしてリリースしました。私たちは、美しくメロディックな英語のプロジェクト "LuiGiNa "を作りました。

- パンデミックが始まった後、多くのミュージシャンや音楽業界の人々は、コンサートの中止や規制により、困難な状況に陥りました。あなたはどのようにしてパンデミックを乗り切り、現在はどうなっているのでしょうか?

- 残念ながら、多くのアーティストやミュージシャンがそうであるように、パンデミックは私たちの心を直撃しました。2020年3月初旬、私たちはシベリアでのコンサートツアーを予定していました。

出発の1日前にパンデミックが発表されたため、現在でも主要なコンサートやツアーはキャンセルされています。私たちのコンサート活動はそれほど活発ではなく、仕事をしながらツアーをしている時期があります。再建したり、オンラインコンサートを行ったりしています。でも、お客さんがいなくて、生のエネルギーの交換ができないのはつらいと思いますよプロダクション・オフィスを維持することは不可能になりました。オフィスを閉鎖しました。しかし、今では遠隔地での制作も可能になりました。禁輸措置が解除され、大規模なコンサートが復活するのを待ち望んでいます。

メイド・イン・ロシア/Made in Russia

著者マリア・ブザナコワ

0