MADE IN RUSSIA

すべての地域
日本語
projectnews

アルコールバイオグループが自動分析装置の生産を開始

アルコールバイオグループが自動分析装置の生産を開始

メイド・イン・ロシア」プロジェクトの参加企業であるアルコール・バイオグループは、ICLA法によるラボラトリーテスト用のMagnoLIA自動分析装置を製造するための新しい生産施設を開設しました。

アルコール・バイオ社のドミトリー・ポリントセブ社長は、この生産施設では月に7台の分析装置、年間84台の分析装置を製造する予定であると述べました。「この目的のために、総面積1.5千平方メートルの建物を改築し、2階にも建物を建てたので、約3千平方メートルの面積があります。ここでは、マグノリア分析装置の生産、生産やサービスのためのスペアパーツの倉庫、20年近く販売しているアリス分析装置のニーズをサポートするサービス、サービスや機器開発者のためのオフィス施設などがあります」と語っている。

アルコール・バイオ社の新生産拠点建設への自己投資額は約4億3000万ルーブルで、8人の生産性の高い雇用が創出されました。

分析装置の開発と生産拠点の設立のための投資は、全体で約9億ルーブル(GKアルコール・バイオの自己投資、借り入れ資金、政府の補助金)にのぼります。このプロジェクトは当初、教育科学省と産業貿易省の支援を受けていた。

メイド・イン・ロシア/Made in Russia

著者マリア・ブザナコワ

0