MADE IN RUSSIA

すべての地域
日本語
projectnews

ロシアのメーカーには情報保護が必要だとMade in Russiaの責任者が語る

ロシアのメーカーには情報保護が必要だとMade in Russiaの責任者が語る

ニューメディアは、現代社会において製品やサービスを宣伝・普及させるための有効なツールであり、生産者や消費者を誤った情報から守ることができる。この意見は、国際フォーラム「World Quality Day」の一環として開催されたセッション「Quality in Modern Legislation」でのスピーチで、Made in RussiaのCEOであるMikhail Sadchenkovが述べたものです。

このフォーラムは、品質の世界における主要な国内ビジネスイベントです。今年は11月10日から12日まで、ハイブリッド形式で開催されます。11月11日(木)には、Made in Russiaの代表が、オーガニック製品の生産に関するセッションに参加します。セッションは午後2時からです。

スプートニクV」と「スプートニク・ライト」というワクチンを例にとると、メディアが視聴者の製品品質に対する認識にどのように影響するかがわかります。

「我が国にはこのような事態に対抗する手段がなく、メディアの観点からは、自分たちのビジネスを守るための活動をしていないことがわかります。国際市場でロシア製品の品質をアピールすることもしていない」とMade in Russiaの責任者は説明する。

この目的のためには、ビジネスや国内の商品・サービスを主に宣伝するメディアが必要であり、「海外の視聴者に向けて、ポジショニング、ケーススタディ、正しく選択されたコンテンツを提供する」とサドチェンコフ氏は続ける。そのようなメディアは、「外国人消費者がロシアの品質を理解するための適切なツール」となる。

この点について、「Made in Russia」の責任者は、すべての開発機関の統合の必要性を指摘した。「このようなメディアを作るための明確な道筋を作りたいと思っています。ロスカチェボには、我々が今やっていることを積極的にサポートしてもらいたい。共同のパートナーシップがあれば、この情報アジェンダを効果的に構築するための正しい計画を立てることができるでしょう」と強調した。

消費者の嗜好が世界的に変化し、マーケティングやデジタル技術の重要性が増している状況では、特に重要なことだとサドチェンコフ氏は説明する。

十分な品質の原則

プロジェクト事務局長によれば、「十分な品質」という概念に特に注意を払う必要があるという。

ここ数年、危機や通貨の変動を背景に、国際市場で自社製品の競争力を予想外に発揮した企業があったことを思い出した。例えば、ロシアのある使い捨て歯ブラシメーカーは、アフリカで高い需要があったという。しかし、その製品は高品質とは言えないものだった。

この生産者は、制度や伝統的な認識の観点からは高品質とは呼べない製品を生産しているのに、国からの保護や支援が必要なのだろうか」という、非常に深刻な疑問が生じた。しかし、経済や消費者の嗜好の観点からは、需要があると言えます。そして、この商品を生産しているこの生産者は、国の経済の発展に関わっているのです」とサドチェンコフは言う。

したがって、企業の経済指標や経済プロセスを無視して品質問題を語ることはできない、というのがサドチェンコフ氏の意見である。

国の支援の問題を解決するためには、カタログを作る必要があります。そこで、どのメーカーのどのような品質の製品が国の支援を受ける資格があるのかを決定する必要があると、このプロジェクトのゼネラル・ディレクターは考えています。

「私の理解では、現在の重要な問題は、品質の高い製品とは何か、消費者の嗜好との相関関係における品質とは何か、企業の経済的プロセス、さらには現代の新しいメディアを通じた企業の評判形成要因とのバランスと理解を決定することです。これができなければ、質の高い商品を生産しても、海外市場に売り込むことができないのです」と強調した。

空っぽのニッチ

メイド・イン・ロシアのCEOが言うように、ロシア民俗芸術工芸協会との共同プロジェクトが最近終了した。このプロジェクトでは、NHP産業のメーカー向けのコレクションを作成し、小売店での販売を計画しています。

「現在、為替の違いや物流の問題で、25%の商品が空いています。つまり、現在、ロシアのメーカーが「家庭用品」というカテゴリーで占めることのできる自由なニッチは、総売上高の25%なのです。それを埋めようとするメーカーが今はいないことがわかりました。つまり、来年はこのカテゴリーの商品の小売価格が15〜20%上昇するということです。これに加えて、ファッション小売のニッチもあるだろう」とサドチェンコフは語った。

さらに、サドチェンコフは、品質とその品質に対する認識の問題においても、ポジティブなダイナミクスを指摘した。彼によると、1年前、Gzhel工場の製品の消費者向けの品質とその価格は、英国の小売価格に対応するものとは程遠いものでした。そして今、状況は大きく変わりました。

「品質も価格も、市場が調整してくれたおかげで、今日、Gzhel社はイギリスに進出することができました。私たちは今、それに取り組んでいます」とプロジェクトの責任者は付け加えた。

メイド・イン・ロシア // メイド・イン・ロシア

著者Ksenia Gustova

0