ロシア連邦に100万トンの容量を持つ「グリーン」な水素製造クラスターの設立が提案される
2021-11-17 02:46

ロシア連邦に100万トンの容量を持つ「グリーン」な水素製造クラスターの設立が提案される

アルハンゲリスク州政府は、メゼンスカヤ潮力発電所や風力発電所などの再生可能エネルギーによる電力を利用して、「グリーン」な水素を生産するクラスターを作る構想を打ち出した。これは、同州の経済開発・産業・科学大臣であるViktor Ikonnikov氏が発表したものです。年間生産量は少なくとも100万トンの「グリーン」な水素を生産することになる。

同大臣によると、クラスターには、科学技術インフラを形成する科学機関やエンジニアリング技術コンピテンスセンターなどが含まれなければならないという。

このプロジェクトには、すでにロシアや海外の発電装置や電解槽のメーカーが関心を寄せている。しかし、建設期間(最長20年)やコストの高さには疑問が残る。また、潮の流れが一定でないため、潮力発電所の発電量が不均一になるという未解決の問題も指摘されています。また、現時点では環境影響評価も行われていないという。

白海のメゼンスキー湾の特徴は、約10メートルにも達する高潮です。大臣の説明によると、ここは潮力発電所の建設が可能な世界でも数少ない場所のひとつで、湾のエネルギーポテンシャルは1,900万kWと推定されている。また、湾岸の風の強さ(秒速5~7メートル)は、風力発電所の効果的な稼働を可能にするという。

メイド・イン・ロシア // メイド・イン・ロシア

著者Ksenia Gustova