OPは、交通機関へのQRシステムの導入について、当局が統一的なアプローチをとるよう求めました。
2021-11-17 05:22

OPは、交通機関へのQRシステムの導入について、当局が統一的なアプローチをとるよう求めました。

ロシア公共会議所(PCR)は、交通機関へのQRコード導入に関する統一的なアプローチを開発するよう、オペレーショナル本部に申請した。これは、同会議所のメンバーであり、全ロシア乗客協会の会長であるイリヤ・ゾートフ氏がMade in Russiaの特派員に報告したものである。

ロシア連邦政府は、2月1日から2022年6月1日までの間、交通機関や公共の場での移動時にワクチン接種に関する情報を記載したQRコードの導入を義務化することに関する法案群を州議会に送付した。この法案によると、これらの文書は、18歳以上の人が公共のイベント、文化施設、非食品店、飲食施設を訪れる際に提示することが義務付けられます。また、航空券や列車のチケットを購入する際に、QRコードや予防接種の診断書の提示を義務付けることも提案されています。

ゾトフ氏によると、現段階では、航空・鉄道輸送機関にQRコードを導入するという構想は、市民や産業界の代表者に懸念を与えているという。

「市民は非常に否定的な反応を示しており、この措置はまだ生半可なものです。財政的、経済的な裏付けがありません。この措置は、より多くの市民にワクチンを投与するために認識されていますが、もっと多くの動機付けのメカニズムがあり、それらはコストもかかりません」と述べています。

航空分野

ゾトフ氏は、航空業界が懸念しているのは、航空券を予約する際にQRコードを導入しなければならないという点に関連していると指摘しました。

"予約が複数減少することを理解しなければなりません。航空業界では、チケットを購入する段階でこれが導入されると、早期予約が何倍にも減るため、業界は莫大な損失を被ることになります。州議会の観光委員会でも議論しましたが、専門家のコミュニティでは、我が国民は夏期も含めて休暇を事前に予約していることが確認されています。チケット購入時にコードを要求することには反対です」と述べ、例えば2月に予防接種を受ける予定の人が3月にチケットを購入することはできないと説明しました。

さらに、この要求によって、ロシアの航空会社は不利な条件に置かれることになるという。

「外国の予約システムは、公共サービスのポータルを介した認証を行わないため、結果的に我々は異なる労働条件に置かれることになります。なぜなら、ロシアの航空会社は公共サービスを通じたオーソリゼーション、証明書のダウンロードを必要とするからだ。つまり、みんなが違う環境に置かれることになり、これは間違っている」とゾトフ氏は断言する。

ゾトフ氏によると、証明書のダウンロード期限をフライトの数時間前に設定し、ゲートでの提示を義務付けるのがより良い解決策だという。「誰かがオンラインでチェックインしたり、誰かが荷物を持たずに飛行機に乗ったりするために、チェックインや荷物の預け入れの段階でもなく、ゲートで提示するのです。そうすれば、誰もが平等な立場に立つことができます」と語った。

鉄道通信

鉄道輸送の分野でも、QRコードの導入には多くの懸念があるとゾトフは強調する。「列車が2〜3分停車し、数人の乗客が乗り込んでくる駅で、誰がコードをチェックするのか、鉄道輸送の話をするのであれば、よくわからない。切符を買うときにコードを聞くことはできるが、コードが読み込まれているかどうかを再確認することは不可能だ」と述べた。

専門家は、フランスのレストランで多くの人がエマニュエル・マクロン大統領のQRコードを使ったことを思い出した。"ここでも同じような話で、どんなコードでもダウンロードできるのに、これほど簡単にエラーや確認不足が発生するようなシステムでは、これらの対策の意味がわかりません。そこで私たちは、駅のホーム出口にこれらのポイントを設置することを求めています。しかし、列車の乗車時には絶対にできません」と協会長は言う。

単一のアプローチ

ゾートフ氏は、OPはすでに、こうした措置の導入について統一的なアプローチを開発するよう運営本部に要請していると指摘する。「各地域が混乱を助長することなく、交通機関における意思決定のための統一された方法論に基づいて行動するように。そして、これらの決定は、専門家や一般市民の合意を得て、予算のリスクを考慮することが重要だ」と述べた。

さらに、国民を守るための他の手段を検討し、意思決定に不協和音が生じないように体系的に行うことが必要だと述べた。

「ワクチン接種者数を増やすためには、もっとコストのかからない方法がたくさんあるはずです。他の交通機関はまだ影響を受けていませんが、約100億人の市民がウイルスに感染する可能性の高い公共交通機関を利用して移動していることを考えると、政府の対策は非論理的です。飛行機での移動に限って言えば、年間1億人弱の人が利用していることになる。数字は比較になりません」と締めくくりました。

メイド・イン・ロシア // メイド・イン・ロシア

著者マリア・ブザナコバ