モスクワと中国の貿易取引高が2年ぶりに増加
2021-11-17 06:31

モスクワと中国の貿易取引高が2年ぶりに増加

今年の最初の8ヶ月間で、モスクワと中国の間の貿易額は約400億ドルに達しました。モスクワ投資産業政策局のアレクサンダー・プロホロフ局長がMade in Russiaに語ったところによると、この数字は過去2年間で過去最高となった。

"首都の対中貿易の構造における輸出と輸入のシェアはほぼ等しく、同等の性質を持っています。プロホロフ氏は、「輸出サポートセンター "モスプロム "によると、モスクワの対アジア輸出総額は184.3億ドル、輸入総額は205.0億ドルとなっている」と述べた。

モスクワの中国への非資源非エネルギー輸出は、2019年未明に比べて期間中に34.8%増加し、11億1,000万ドルに達した。これは、今年1月から8月までの首都の非資源輸出総額の約6%にあたる。

中国への輸出の大部分を占めるのは工業製品で、合計で10億ドルを超えています。これらは、機械設備や機械、プラスチックやプラスチック製品、そして電気機器や通信機器などです。

"これらの製品の中には、過去2年間で複数の成長を見せているものがあります。例えば、2019年のプラスチック・プラスチック製品の輸出額は5,076万ドルだったが、2021年1~8月の出荷額はすでに3億2,943万ドルに達しており、6倍以上の伸びを示している」と部長は指摘する。

指標の増加は農産品の供給にも定着している。モスプロムセンターによると、1~8月の中国への同商品の輸出額は、2019年に対して60%増--2,620万ドルから4,200万ドルになった。首都圏のビール(400万ドル以上)、チョコレート製品(223万ドル)、フィリングなしのチョコレート(200万ドル近く)は、中国で特に需要がある。また、モスクワの輸出業者は、各種シリアル(190万ドル)やアイスクリーム(130万ドル)を中国市場に出荷している。

同局のプレスサービスによると、夏にモスクワの輸出業者のために中国へのビジネスミッションが開催されました。そこには、機器・技術、非破壊検査、検査機器、貿易・現金化機器、電子電圧変圧器、集積回路などの生産に携わる6社が参加した。

また、春に上海で開催された国際食品展示会「SIAL China」には、モスクワの最大級の輸出企業が参加しました。

現在、中国は首都の非エネルギー製品の主要な輸入国の一つであり、現在、中国への製品供給量は第6位となっている。

メイド・イン・ロシア // メイド・イン・ロシア

著者マリア・ブザナコワ