イカゲームと人工知能。もう一つのTech Weekカンファレンスの様子
2021-11-18 11:44

イカゲームと人工知能。もう一つのTech Weekカンファレンスの様子

モスクワで開催された第6回Tech Weekカンファレンスには、大手テクノロジー企業のトップマネージャーやエグゼクティブ、起業家、投資家など、3.3千人が参加しました。カンファレンスでは、技術革新やテクノロジーの応用における経験や新しいアプローチについて意見交換が行われました。

イベントは11月9日から11日までの3日間開催されました。カンファレンスの一環として、ビジネスプログラムが行われました。参加者のためにネットワーキング活動が用意されました。17のテーマ別スレッド、メンターラウンジ、キャリアコンサルティング、スピードネットワーキング、スタートアップのピッチ、ビジネスネットワーキングのためのオンラインプラットフォーム、アフターパーティなどが用意されました。最終日は、応用学習の時間となりました。

Tech Weekのプラットフォームでは、起業家が新しい顧客やビジネスパートナーを見つけたり、ビジネスのための最新の革新的なソリューションを知ることができるのが恒例となっています。今回は、150社以上の企業がそれぞれのプロジェクトを発表しました。

カンファレンスでは、教育プラットフォーム「Netology Group」の創設者であるMaxim Spiridonov氏、「Hoff」の共同創設者であるMichael Kuchment氏、ロシアの「Gett」のCEOであるAnatoly Smorgonsky氏、美容室「Persona」の創設者兼社長であるIgor Stoyanov氏など、320名以上のスピーカーがプレゼンテーションを行いました。

ビジネスプログラムの参加者は、販売、教育、フィンテック、産業、経営、アナリティクスなどの分野における先進的なソリューションについて議論しました。

秋季大会では、大会の戦略的パートナーであるスコルコボ財団の支援を受けて、テーマ別の「スコルコボAI」が開催されました。このフローでは、データ・エクスプローラーの卒業生によるプレゼンテーションとデモ・デーが行われ、20社が人工知能の分野での最新の開発について発表しました。

キャリア・コンサルティングは、特に需要が高いことが分かりました。ビジネスプログラムの2日間で100以上のセッションが行われましたが、事前にすべての席が予約されました。

過去最高の参加者が集まり、メンタリングコンサルテーションには180人以上が参加しました。

また、スタートアップ・ピッチに参加した15名が、投資家(Skolkovo Ventures、Accelerator VTB、MTS StartUp Hub)に自分たちのプロジェクトをアピールしました。

カンファレンスの参加者は、新しいTech Week公式モバイルアプリにアクセスし、個人のスケジュールを作成したり、他の参加者とのビジネスミーティングを予定したりすることができました。

カンファレンスの最後には、バンド「My Grandmother's Red Banner Division」によるアフターパーティーが開催されました。

次回のカンファレンスは2022年の夏に開催される予定で、現在予約を受け付けています。

メイド・イン・ロシア // メイド・イン・ロシア

著者Ksenia Gustova