ロシア企業がウラジオストクとカリーニングラードのオフショア拠点にアクセスできるようになるかもしれない。
2021-11-18 12:09

ロシア企業がウラジオストクとカリーニングラードのオフショア拠点にアクセスできるようになるかもしれない。

Vedomostiによると、ロシア当局は税法の改正を進めており、その採択後、企業はルスキー島とオクティアブスキー島の特別行政区(SAR)、いわゆるオフショア地域で法人格を取得し、登録できるようになるという。

この措置は、外国に対するロシアのグループに対する差別など、ビジネス税法の適用に関する欧州グループの主張に対応したものと思われる-この論文はEU理事会によって6月の報告書に盛り込まれた-と同紙は伝えている。

当初、ATSはロシアにルーツを持つ外国企業をロシアの管轄下に戻すために作られた。今回の改革では、国内企業がオフショアに招待された場合、政府は島で実際に存在感を示すことを奨励したいと考えている、と同紙の関係者は指摘する。

改革の一環として、政府は企業にさらなる特典を提供しようとしている。資本撤退に対する税率は15%から10%に、利益に対する税率は5%に、配当金の形での利益に対する税率は0%に引き下げられる。優遇措置を受けるためには、島のインフラ整備に3億ルーブルを投資すること、島に100平方メートルのオフィスを開設し、15人以上のスタッフを配置することなど、一定の条件を満たす必要があります。また、国際的な持ち株会社としての地位を持ち、受動的な活動から得られる収入が90%以上である組織のみが減税の対象となります。

さらに、再登録のビジネス上の目的が正当化され、遵守されている場合にのみ、移転を可能にすることが計画されています。グループは、持株会社の住所を変更するだけでなく、実際の経営上の意思決定や、場合によっては執行機関を島に移転する必要があります。

同誌によると、このような概念を正式に導入するためのオプションはまだ議論中であるが、実際には、会社の公式な所在地を変更する場合には、このような操作が前提となる。

メイド・イン・ロシア // メイド・イン・ロシア

著者カリーナ・カマロバ