Yandexのロボットが米国の別の大学キャンパスで食事の配達を開始する
2021-11-18 01:54

Yandexのロボットが米国の別の大学キャンパスで食事の配達を開始する

ロシアのIT企業Yandex社は、米国のフードデリバリーサービスGrubhub社と共同で、アリゾナ大学のキャンパスでドローンによる配達を開始します。

これまでに、オハイオ州立大学でも同様のロボットによる配達サービスが開始されています。

"Grubhub "のアプリを通じて、35,000人以上のキャンパス住民が、ローバーによるフードデリバリーを注文できるようになります。ローバーは週7日稼働し、地元のカフェやレストランの料理を、寮やメインライブラリー、ウィーバーライブラリーなど、キャンパスの人気スポットに届けることができます」とロシアの企業は声明で述べています。

Yandex社のロボットは、キャンパス内の歩道、歩行者ゾーン、横断歩道を時速5〜8kmで独立して移動します。日中だけでなく、暗闇、雨、暑さの中でも注文を届けることができます。

新世代のヤンデックス・ロボットが活躍するのは、米国ではアリゾナ大学のキャンパスが最初となります。このロボットは、より機能的なデザインで、容量が大きく、性能が向上しており、バッテリーの交換は1分で済みます。これにより、ローバーはほぼ連続して作業を行うことができます。

また、新しいロボットは、改良されたセンサー、LEDヘッドライト、ソフトなハイサスペンションを備えています。これにより、高い縁石などの障害物をより簡単に乗り越えることができるようになりました。

メイド・イン・ロシア // メイド・イン・ロシア

著者Ksenia Gustova