フランス企業、サハリンでのプラント建設に関するフィージビリティ・スタディを年内に提出へ
2021-11-18 02:12

フランス企業、サハリンでのプラント建設に関するフィージビリティ・スタディを年内に提出へ

フランスのエア・リキード社のロシア部門は、2021年末までに、サハリンにおける天然ガスからの水素とCO2回収プラントの建設に向けたフィージビリティ・スタディ(FS)を策定する。政府調達サイトの文書によると、この作業はルサトム・オーバーシーズ社に委託される。

プラントは1日あたり100トンの水素を生産することになっているが、委託条件では「エア・リキード」が選択の正当性を示した上で、それ以外の容量を自由に提案できると規定されている。

また、日本や韓国へのさらなる水素輸出についても意見や提言を出さなければならない。そのためには、これらの国における低炭素水素とアンモニアの市場分析を行い、需要を評価し、潜在的な顧客を特定し、日本と韓国の市場におけるプロジェクトの競争力について意見を出さなければなりません。

エア・リキード社は、産業およびヘルスケア向けのガス製造、技術開発、サービスにおいて世界をリードする企業です。エア・リキード社は78カ国で事業を展開しています。ロシアのエア・リキード社は現在、主要地域で18の生産拠点を運営しています。600人以上の従業員が製品とサービスの提供を担当しており、当社のサービスは1.7千人以上のお客様にご利用いただいています。

メイド・イン・ロシア // メイド・イン・ロシア

著者マリア・ブザナコワ