バリラ社がモスクワ地域のStupino Kvadrat経済特区の居住者となった
2021-11-18 02:14

バリラ社がモスクワ地域のStupino Kvadrat経済特区の居住者となった

イタリアのBarilla社は、モスクワ近郊のStupino Kvadrat経済特区(SEZ)に入居しました。モスクワ州投資産業科学省の発表によると、同社は経済特区内で製粉工場の建設をすでに開始し、現在も継続しているという。

「投資額40億ルーブル以上のこの投資プロジェクトは、デュラム小麦から小麦粉を製造するための製粉工場を建設するものです。この製品は、モスクワ地域におけるバリラ社のパスタ生産活動を発展させるための追加原料となります。ストゥーピノの新工場では、約40人の雇用が創出されるだろう」と、同省のエカテリーナ・ジノヴィエヴァ氏は語った。

同社は、ロシアのサプライヤーから加工用の硬質小麦を購入する予定である。生産物は、イタリアのグループ企業の規範と品質基準に厳密に準拠して生産される。

パスタやサンドイッチ用のパンを製造するバリラ社の工場は、すでにモスクワ州のソルネホゴルスキー地区で操業している。

「今回、ストゥーピノ都市圏に新工場を建設することで、生産能力の現地化を進め、ロシア全体でのグループの効率的な成長を確実なものにしていきます。この新プロジェクトにより、バリラ社のモスクワ地域経済への投資総額は100億ルーブルを超えることになる」と同地域当局は述べている。

メイド・イン・ロシア // メイド・イン・ロシア

著者カリーナ・カマロバ