極東の農業従事者には、自然災害による14億円の損害が補償されます。
2021-11-18 03:14

極東の農業従事者には、自然災害による14億円の損害が補償されます。

ロシア政府は、自然災害の影響を受けた極東の農業関連企業に14億ルーブルを充当する。

「政府は、この目的のために約14億ルーブルを配分し、そのうち10億ルーブル以上がアムール州に割り当てられる。農作物、家畜、インフラ、財産への被害が最も大きかったからです」と農業省のウェブサイトに掲載されています。

さらに、ヤクーチア、ユダヤ自治区、トランスバイカル、ハバロフスク地方の農家にも補償金が支払われます。

同国のミハイル・ミシュースチン首相によると、200以上の農工業組織と、民間の補助区画を持つ3,000人の地域住民が資金援助を受けることになります。彼らは、リース料や、優遇された短期・投資用ローンの利子を返済することができるという。

メイド・イン・ロシア // メイド・イン・ロシア

著者Ksenia Gustova