スタブロポリのManych社は900トン以上のウールを輸出しました。
2021-11-18 05:39

スタブロポリのManych社は900トン以上のウールを輸出しました。

ロシア農業省のプレスサービスによると、スタブロポールの会社「Manych」は、今年に入ってから900トン以上のウールをインド、ブルガリア、ウルグアイに輸出しました。

同社のヴァレリー・ルサノフスキー代表は、Manychがこれらの国のパートナーと15年以上も協力関係にあることを指摘した。「これらは当社の実績ある顧客です。彼らはすべて羊毛加工業者で、スタブロポールの供給品の品質を信頼しています。今年末までに、これらの国々に1,000トン以上のウールを供給する予定です。これは、輸出が羊産業の原料に対する需要の増加と価格の上昇に貢献するからです。

思い起こせば、スタブロポリ地方はロシアにおけるファイン&ハーフフリース・ウールの主要な生産地である。現在、同地域には13のウール輸出会社がある。2021年、農業従事者は4.2千トンのウールを生産しました。2025年には7,000トンまで生産量を増やす計画がある。

メイド・イン・ロシア // メイド・イン・ロシア

著者マリア・ブザナコワ