メイド・イン・ロシアの責任者が、ドバイ・エキスポで小売業者にプロジェクトの能力を紹介した
2021-11-18 06:18

メイド・イン・ロシアの責任者が、ドバイ・エキスポで小売業者にプロジェクトの能力を紹介した

メイド・イン・ロシアは、民芸品や工芸品(FAS)の販売促進を含め、ロシア国内外の小売業者との協力を計画している。

ドバイで開催されたExpo 2020フォーラムのナショナルパビリオンのビジネスプログラムの一環として、Made in Russiaの責任者であるMikhail Sadchenkovが、小売チェーン向けにシステムの機能をオンラインで説明しました。

このセッションは、Expo 2020のロシア国家館のビジネスプログラムのディレクターであるNatalia Vikhrovaが司会を務めました。プレゼンテーションには、大手小売チェーンの代表者であるX5 Retail Group、Magnit、Auchan、L'Etoile、O'Key、Familia、Togas、Redis Crewなどが参加しました。

現在、Made in Russiaは、ロシアのビジネスを促進することを目的としたデジタル情報プラットフォームを開発している、とサドチェンコフは言う。「現在、すべてのロシアの営業担当者がこのプラットフォームに参加しています。大規模なプロモーションプログラムを準備しています。それに加えて、私たちは独自の海外オフィスを開設しており、例えば最近ではトルコに分室を開設しました」と語った。

また、このプロジェクトは、NHPの開発において、ジョイント・ストック・フィナンシャル・コーポレーション(JSFC)のシステマと協力しています。そのために、AFKとRoscongressとの共同貿易事務所が設立され、民芸品の需要を確保することを目的としている。

「2つ目の方向性は、スベルとAFK「システマ」が最近購入したグゼル工場の生産ラインに、本格的なコレクションを作ることです。現在、大規模な近代化が行われています。量産開始は来年の予定です」とサドチェンコフは言う。

サドチェンコフ氏によると、刷新されたGzhel工場の最初の生産出力は、来年の初めに予定されている。早ければ2022年半ばには、ロンドンの店頭にグジェルスキー製品が並ぶかもしれない、とMade in Russiaの責任者は言う。

サドチェンコフ氏は、パンデミックの影響で物流チェーンが変化し、その結果、家庭用品のカテゴリーで大きなシェアを獲得したことに注目しました。「工芸品メーカーが、スリッパから食器まで、家庭用のターンキーコレクションを作るお手伝いをしたいと思っています。それは大きな統合商品になるはずです」と、他のロシアのNHPメーカーもすぐに集積されるだろうと述べた。

"ファッション・リテール "も同様です。海外からの引き合いも多い。国内でも高い需要がある。生産者は大きな小売チェーンに参入する機会を必要としています。今はその方向性のシステム化を進めています。今年中には、すべてをオンライン化し、企業や生産者が個人のオフィスですべてのリクエストを一度に確認できるようにする予定です」とプロジェクトマネージャーは語った。

最後にサドチェンコフは、小売業の代表者たちにモスクワで合同会議を開き、協力の可能性について詳細に話し合うことを呼びかけた。

システムは、"メイド・イン・ロシアは、輸出業者が国内外の市場で自社製品を販売するのを支援する取引プラットフォームとトレーディングハウスから構成されています。現在、800社以上の企業がこのシステムに参加しています。このプロジェクトの読者は、114カ国、10万人以上にのぼります。

このプロジェクトの戦略的パートナーは、Agency for Strategic Initiatives、Yandex、Sistema、Otkritie Financial Corporation、Roscongress Foundationです。

メイド・イン・ロシア // メイド・イン・ロシア

著者Ksenia Gustova