トルコの大手不動産デベロッパーがロシアで事業を開始
2021-11-19 08:20

トルコの大手不動産デベロッパーがロシアで事業を開始

トルコの建設会社MESAが、投資家・開発者としてロシア市場に参入する計画であることが、RIA Real Estateの取材で分かった。

同社のロシア駐在員事務所のジェネラルディレクターであるビテルゲ・メフメット・ムラット氏によると、MESAは2021年末までにすでに国内で新しい施設の建設に関する複数の契約を結ぶ予定だという。

「将来的には、5億ドル以上の新規契約を年に2~3件は達成したいと考えています。また、ロシア市場での投資家、共同投資家、主要な開発者の一人になることにも興味があります」と述べています。

MESA社は、すでにアリア住宅地の第2期工事のゼネコンとなり、開発会社のアステラス社と100億ルーブルの契約を結んでいる。

現在、同社はウラジオストク、カリーニングラード、ペルミ地方、チェリャビンスク、クラスノダール地方での一般契約の入札に対する回答を待っているところだ。

MESA Mesken社は、トルコの不動産開発会社のトップ5に入る。同社の実現したプロジェクトのポートフォリオには、総面積1,200万平方メートル、1万4,000戸以上の住宅が含まれています。総面積200万平方メートル以上のプロジェクトが建設中であると、同機関は明記している。

メイド・イン・ロシア // メイド・イン・ロシア

著者カリーナ・カマロバ