モスクワの経済特区にハイテク企業2社が進出
2021-11-19 09:13

モスクワの経済特区にハイテク企業2社が進出

モスクワの経済特区では、新たに2つのハイテク生産施設が建設されました。モスクワ投資・産業政策局のアレクサンダー・プロホロフ局長は、「これらの施設では、計測機器や水処理用の材料が生産される」と述べた。

テナントの一つである「電子技術と計測システム」(ZETLAB)は、計測機器、デジタル・アナログゲージ、コントローラ、ソフトウェアの開発・販売を専門に行っています。 これらの機器は、計測研究所、防衛産業、石油精製、航空、自動車、軽工業、食品産業など、さまざまな分野で需要があります。

また、この経済特区には、Resinsグループの一部門があります。この企業は、レアアース物質の抽出、水処理システムの処理、医薬品、医療用のイオン交換材料の生産を専門としている。生産される樹脂は、長期的な技術と、先進的な化学機関や研究所の最新の開発の両方に基づいています。

同部門の責任者によると、企業は1.5千平方メートル以上のスペースを借りたという。企業は40人以上の優秀な人材を雇用する予定である。

入居者がいる新しいエンジニアリング・ラボラトリー・インダストリアル・ビルディングでは、製品の工業的なリリースを組織したり、研究開発活動を行うことが可能である。

「この形式の可能性により、入居者はモスクワ経済特区の既製施設を利用して、工業用地への投資を最小限に抑えながら、最短時間でプロジェクトを実施することができます」と同部門の責任者は述べています。

メイド・イン・ロシア // メイド・イン・ロシア

著者Ksenia Gustova