MADE IN RUSSIA

すべての地域
日本語
専門家

レシェトニコフロシアの経済は成長軌道に入っている

レシェトニコフロシアの経済は成長軌道に入っている

ロシアの経済はポスト・コヴェントの現実に入った。ロシア連邦経済開発大臣のマキシム・レシェトニコフ氏によると、今後の発展の軌道をどうするかは、国家次第だという。

同大臣によれば、コロナウイルス危機の急性期の終わりについて語ることができるという。「大統領に代わって政府と中央銀行が行ったかなり集中的な対策のおかげで、第2四半期の経済はすでに回復しつつあります。10ヵ月間の実績では4.6%の成長となっており、予想を若干上回る結果となっています。投資や所得が回復していること、失業率が4.3%と非常に低い水準にあることがわかります」とレシェトニコフは述べています。

これらのことは、経済が不況を克服し、成長軌道に乗りつつあることを示唆しているという。「しかし、この軌道がどうなるか、成長の質がどうなるかは、現在行われている決定と、パンデミックから得られる教訓によって決まる」と大臣は述べた。

この点について、MEDの責任者は、コロナウイルスがすでに動き出していたプロセスの多くを加速させたと指摘しました。例えば、プラットフォーム型雇用の発展や遠隔地雇用の普及などです。「デジタル化、新しいサービス、データのオープン化など、構造的な変化は大きく加速し、国家は大きな一歩を踏み出しました。しかし、新たな課題も出てきており、多くのテクノロジーの問題が議題となっています。これは、今後の回復のための傾向を示すものでもあります」とレシェトニコフは述べています。

その一方で、国が主導的な役割を果たすことを誰もが期待していることにも言及しました。「投資家としてではなく、制限を取り除き、機会を提供する機関としてです。2030年や2035年に何が起こるかを完全に予測することはできませんが、私たちは異なる未来に備えなければなりません。そのためには、できるだけ多くのプロジェクトやアイデアを立ち上げる必要があります」と、彼は確信している。

メイド・イン・ロシア // メイド・イン・ロシア

著者マリア・ブザナコバ

0