MADE IN RUSSIA

すべての地域
日本語
専門家

起業家にはサポートが必要:ビジネスにとって重要な年について「Opora Rossii」のインタビューに答えて

起業家にはサポートが必要:ビジネスにとって重要な年について「Opora Rossii」のインタビューに答えて

今年は、2020年とほぼ同様に、ビジネスにとって困難で難しい年でした。今回は、ほとんどすべての人がパンデミックの深刻な影響を感じました。労働制限、コスト、原材料価格の具体的な上昇、供給の途絶、輸出の困難、表示に関する新たな義務など、サービス業や中小企業だけでなく、中堅・大企業も厳しい状況に置かれました。

ビジネスは、一般市民、メディア、当局からかつてないほどの注目を集めており、それが深刻な変化をもたらし、ロシアにおける起業家精神の発展のための条件を再考する必要性をもたらしています。

Made in Russia編集部は、ビジネス協会Opora Russiaのエグゼクティブ・ディレクターであるアンドレイ・シュービン氏に、2021年について話を聞いた。このインタビューでは、ロシアのビジネスにとってどのような変化が熟しているのか、ビジネスコミュニティが今年をどのように記憶するのかを読み解く。

去年、企業や個人のビジネスマンが登録された数を教えてください。

中小企業について言えば、10月31日現在のデータによると873,605社です。これには法人と個人事業主の両方が登録されています。しかし、多くの企業が閉鎖されました。年末の「デルタ」は、プラス9万6000社の中小企業です。

今年はどのような分野のビジネスがより多く開かれたのでしょうか?

構造的には、貿易(35%以上)、自動車・貨物輸送(16%)、住宅・非住宅建築物の建設、賃貸、不動産管理などが挙げられます。

新規事業登録でトップだった地域と、アンチ評価だった地域は?

絶対数では、モスクワが1位です。10月時点で12万981件の新規「ビジネス」を登録した。2位はモスクワ地方、3位はサンクトペテルブルクです。これは、各地域の全体的な人口によるところが大きい。中小企業の成長率では、ダゲスタン(プラス10.9%)、カルムイキア(プラス8.3%)、モスクワ地方(プラス7.3%)がトップである。反面、アディギア共和国(マイナス5.1%)、マガダン地方(マイナス3.1%)、コミ共和国(マイナス2.7%)がランクインしています。

あなたの考えでは、アンチ・レーティングに入った地域が、積極的に起業の分野を発展させることができない理由は何でしょうか?

人が少なく、経済活動も活発ではありません。しかし、まず第一に遠隔地であること、そして第二に経済発展であることが挙げられます。経済活動は、地域の人口流出-アウトサイダーの影響も受けます。人口を維持するための組織的な対策がなければ、経済活動は不可能である。

すべてはまさに経済が前提となっている。モスクワ、モスクワ地方、サンクトペテルブルクを見てみると、これらは巨大な集積地であり、明確な市場と多くの住民がいる。これらの地域では、基本的にそのような条件はありません。狭い領域が分断されており、競争はあっても発展の機会は少ない。地元の起業家は、物流に制限されている。つまり、その理由は極めて客観的で、中小企業にも経済全体にも影響を与えているのです。

2021年に「Opora Russia」の力を借りて、中小企業のどのような問題を解決したのか教えてください。

かなり忙しい1年でした。肝心な話は、もちろんパンデミックと、最も厳しい状況にあったビジネスを支援するための施策です。その年から、経済開発省とともにアンドレイ・リムビッチ(ベローゾフ-編)が率いるビジネス保護スタッフの枠組みの中で定例会議やミーティングを行い、全地域の起業家の意見を分析・収集してきました。

2つ目の大きな仕事は、支援策のモニタリングでした。支援策がどのように機能するのか、どのように開始されるのか、どのように配布されるのか。私たちが変えたのは、銀行の仕事を修正し、支援のインフラを整えたことです。また、ソリューション自体の開発や、許容される最大のビジネスに関連した有能なアプローチ、つまり閉鎖しないこと、閉鎖した場合には少なくとも何らかの補償の機会を提供することも重要です。

私たちの支店はロシア連邦のすべての地域にあるので、私たちは地域の支店で多くの仕事をしました。そこで私たちの経験を分析し、知事とともにさまざまな決定を下しました。

ビジネス検査のモラトリアムも、非常に重要で正しい展開です。この決定は、何もひどいことが起こっていないことを示しています。これまで行われていた検査の要件や数を減らすことができ、この点では何の問題もなく、災害も起こらないでしょう。これは、起業家に対する管理・監督システムを根本的に見直すことができる、非常に重要な結論です。これらの結果、統制・監督活動に関する法律が制定され、多くのライセンスが自動更新されるようになりました。チェックの要件を自由化したという点では、今年は良かったと思います。

さらに、私たちは以前から、自営業者がアパートを借りることができるかどうかという問題を提起してきました。今はまだ不可能ですが、ミハイル・ミシュスティン氏が率いる中小企業法務委員会の最後の会合で、私たちはこの話題を発言し、首相もそれを支持しました。現在、対応する法案を準備中です。多くのアパートがあり、それらには所有者がいます。この市場を白紙に戻すために、この種のビジネスを導入する必要があります。商業用のアパートではなく、個人用のアパートに限定して話を進めています。

農業開発に携わる起業家たちと、農地に住宅を建てることを禁止することについて、長い間議論してきました。私たちはこの修正案を発案し、立法的にはすでにこの機会が与えられています。今では農家は自分のために住宅を建てることができます。もちろん、面積に制限はありますが、それでも今は住宅を建ててそこに住む機会があるのです。また、年末には、農家が農地で生産した農産物を販売できるようにする法案が採択されました。

今年の世界経済フォーラムでは、私たちの仲間がスピーチを行い、レストラン経営者の例に倣って、観光産業のVATを引き下げるよう求められました。現在、それに対応する大統領令を作成中です。また、零細企業、中規模企業、大規模企業というビジネスのレベルに応じて、企業に対する罰則のレベルを下げるべく、現在努力しています。私たちは、中小企業を個人の起業家と同等にしたいと考えています。刑法の多くの条文について、罰則を最大で10倍にする予定です。これはカザフスタンの経験です。もちろん、生命や健康、環境に害を及ぼすようなケースの話ではありません。これは標準的な規範の話です。

ビジネス検査のモラトリアムについて触れられましたが、これはどのようなものですか?少し前に経済開発大臣のマクシム・レシェニコフ氏が、企業への査察を5倍に減らしたと言っていました。これは、Opora Russiaのデータと一致していますか?

はい、2019年から2020年にかけて、査察の数は5倍に減りました。しかし、2021年の前半は、昨年までのモラトリアムが緩和されたため、査察が大幅に増えました。それでもパンデミック前に比べれば、検査件数は減っています。統制よりも予防を優先した統制・監督活動に関する新法の制定を大いに期待しています。

パンデミックの影響を受けた企業への支援策については。レストラン経営者、観光業、美容業、公共イベントの主催者などは、以前メディアに、国が約束した「FOT 3.0」プログラムによる危機対策支援を利用できないと訴えていました。銀行は、追加の条件をつけて融資をしてくれませんでした。起業家からの苦情はありますか?

支援を受けるための条件は政令で定められていますが、起業家たちが訴えたニュアンスはさまざまでした。例えば、FOT3.0を受けるためには、昨年のFOT2.0プログラムに参加していなければならない、というものです。2つ目の基準は、最も影響を受けるリストに入れられたOKVEDが昨年とは異なっていたことです。そして3つ目のニュアンスは経済に関するもので、経済面で完全に悪い会社であれば、このような背景で断られる可能性があります。私たちは銀行と協力してすべての困難な状況を解決しますし、相談にも乗ります。

昨年、私たちは中央銀行との対話を確立しましたが、特定の銀行に関する苦情や申請を受けた場合、私たちはその問題に取り組みます。ですから、銀行との仕事で困ったことがあれば、「OPORA」に連絡してください。

パンデミック中のビジネスの状況はどうですか?起業家がビジネスを再開するためには、どのような対策が必要ですか?

今の状況は非常に興味深いものです。統計や数字、領収書を見ると、売上高は増加しており、状況は良くなってきているようです。税収も、かなり上がっていることを物語っています。しかし、この問題を起業家と話し合うと、状況は地域によって異なります。地域が制限をかけて、流れが悪くなるのです。少なくともサービスに関するものは間違いなく回復していません。これは長い間続いている問題で、すべての制限を取り除く必要があります。

貿易は伸びています。しかし、それはどの産業にもよる。例えば、オンラインへの切り替えが間に合った起業家は、インターネットでのプロモーション、マーケットプレイスとの連携などを開始し、何倍にも成長しています。パンデミックでは、すべてのオンラインサービスが数倍に成長しました。また、その年に駆け込み需要があった家具メーカーを見てみると、減収になっています。家具の輸出コストは急上昇し、原材料の価格は300%も跳ね上がり、連邦反独占局はチップボードやパーティクルボードのメーカーを告発したほどです。さらに、EUの国境での大行列、EUでの自動車割当量の減少など、輸送に関する問題もある。そのため、輸出を目的とした企業はすべてコストアップとなりました。さらにインフレが進み、ポーランドと比較しても競争力が低下しています。また、世界の状況も見なければならず、非常に複雑な話になっています。

我々は何をすべきか?需要を回復させなければなりません。サービス業には減税などの支援が必要ですし、ショッピングモールでは入場制限がありますから減税が必要です。QRコードが導入されたレストランでは、人の流れが激減し、コストがかかっていますし、今もそうです。ですから、すべてが回復したとは言えません。しかし、オンライン・セグメントが成長していることは事実です。そしてそれが、政府や企業をデジタルトランスフォーメーションへと向かわせているのです。

すべてに加えて、ビジネスにはマーキングの義務もあります。

ラベリングもまた、徹底的に取り組まなければならない問題です。特に、例えば靴を縫っているような自営業者のために、ラベリングに関する研究を行う予定です。なぜなら、設備や書類作成、報告のシステムが必要だからです。そのため、どのようなコストがかかり、それをどのようにして最小化できるかを検討する必要があります。

2022年に向けて、他にどのような取り組みを予定していますか?

大きなワークプランを用意しています。事業者向けの電気料金の引き下げにも取り組みます。先ほどお話したマンションや中小企業の罰金の削減など、指示した課題を仕上げる予定です。

また、ここでは、健康や生命、環境、財産に危害を加えたり、危害を加える恐れがある場合を除き、初犯の中小企業には警告を義務付けるという話を付け加えることができます。この場合、罰金ではなく、通常の執行期間を伴う警告とすべきである。地籍価格に対する税金の問題については、地方で取り組みたいと考えています。最大で2%ですが、現在の環境では企業家にとって非常に困難で苦痛です。すべての地域からそのような要望が寄せられています。私たちは知事と連絡を取り合っていますが、ビジネスの発展と保護を犠牲にしてでも、できるだけ多くの税金を徴収したいという願望が現場に蔓延しないように、あらゆる努力をしていきます。

税務署の資料に基づいて税犯罪の手続きを開始する手順を刑事訴訟法の条文に戻すために、多くの作業が行われます。現在では、税務当局から起業家への請求がない場合でも、法執行機関自身が行うことができます。それでも、税務当局はチェックするためのあらゆるツールとリソースを持っていますから、すぐに関与すべきだと考えています。

協同組合の連帯責任に関するテーマがあります。これは、協同組合のすべてのメンバーがお互いに責任を負うというもので、例えば、50人いて、誰かがミスをして、すべての責任が全員に降りかかり、あなたも、他の誰もが請求される可能性があるというものです。このような考え方を改めなければならないと思います。協同組合は非常に優れたツールであるにもかかわらず、そのために信頼度が低下し、協同組合運動が発展しないのです。

For Business」というプラットフォームがあり、起業家からの訴えに対応しています。このプラットフォームは、内務省、捜査委員会、連邦保安局、検察庁といった法執行機関の中央組織と直接つながっていますが、税関はありません。最近、ビジネスマンから税関に関する訴えが多く寄せられているので、コミュニケーションを確立して、迅速に検討することが重要です。

長年のテーマは、モバイルトレードに関する法律です。この法案を最後までやり遂げて、据え置き型の移動販売や中小企業の発展につなげていきたい。これは良い取り組みであり、皆さんに支持されています。私たちと産業貿易省はすべての矛盾を解消しましたので、来年は彼と一緒に出かけて、やはりスモールビジネスに関する国家プロジェクトの計画にもあったこの法案を通過させなければなりません。

2021年のビジネス展開にはどのようなトレンドが生まれますか?来年はどれがメインになるとお考えですか?

主なトレンドはデジタル化です。デジタル化はホワイトウォッシュにつながるもので、ビジネスには需要があります。2つ目のトレンドは、ビジネス向けサービスの開発です。すでにオンラインでの貸し出しや支援策のサービスがあります。また、中小企業庁が中小企業向けのデジタルプラットフォームを構築していますが、そこには絶対に異なるサービスが含まれています。

今日、何かを予測することは不可能で、すべてが予測不可能です。コロナウイルスの次の波が来るのか、集団的免疫力があるのかどうかもわかりません。これまでのところ、以前に行われた予測はすべて実現していません。しかし、私たちは最善を信じたいと思います。

事業展開については、リストラは「数」の方向に進むべきなのは明らかですが、誰もが余裕があるわけではありません。誰もが出荷に切り替えているわけではない。

加えて、事業統合の傾向もあります。デジタルプラットフォームが発展し、より多くのリソースを吸い込み、経済力を得て、それが条件を決定していくのです。そのため、ここの中小企業は、こうしたプラットフォームとの付き合い方を学ぶ必要があります。また、国が規制するのではなく、無差別にアクセスできるような一般的なルールを作ることも重要だと思います。

生態系ということですか?

そう、エコシステム、デジタルプラットフォームです。悪用されることがないようにすることが重要です。私が言っているのは、厳格な規制ではなく、ある種の一般的なルールのことで、誰もが自分のビジネスを持っていることは明らかですから。

メイド・イン・ロシア // メイド・イン・ロシア

著者カリーナ・カマロバ

0