MADE IN RUSSIA

すべての地域
日本語
企業ニュース

2025年にプリモリエに新しい冶金工場が出現する

2025年にプリモリエに新しい冶金工場が出現する

ロスネフチ社の発表によると、ズヴェズダ造船所のニーズに応えるために、2025年にプリモリエ州に冶金工場を立ち上げる予定です。

工場の生産能力は年間150万トンの鉄鋼製品を生産する予定である。プロジェクトは2段階に分けて実施され、第1段階では鉄鋼圧延工場を立ち上げ、第2段階では最大22万トンの生産能力を持つチューブ圧延工場を立ち上げる予定です。

主な顧客は、ロシア唯一の大規模造船所であるズヴェズダを想定していますが、当社は輸出も視野に入れており、すでに予備的な合意に達しています。

プロジェクトの推定コストは220万ドルです。造船所の建設は、Sovremennye Tekhnologii Sudostroeniya社が行います。

同造船所は、2009年にUnited Shipbuilding CorporationとDaewoo Shipbuilding & Marine Engineeringのジョイントベンチャーとして設立された。2012年に大宇が合弁を解消し、ロスネフチとガスプロムバンクが引き継いだ。

メイド・イン・ロシア // メイド・イン・ロシア

著者マリア・ブザナコワ

0