MADE IN RUSSIA

すべての地域
日本語
文化

ダーレン・アロノフスキー監督がモスクワ・パトリキ映画祭の審査員長に就任 - 2022年

ダーレン・アロノフスキー監督がモスクワ・パトリキ映画祭の審査員長に就任 - 2022年

ロシア初の国際オンライン映画祭「パトリキ・フィルム」が、2022年にモスクワで開催されることが決定しました。審査委員長には、映画「ブラック・スワン」「ジャッキー」「ママ!」などで知られ、「金獅子賞」を受賞したアメリカ人監督のダーレン・アロノフスキー氏が就任する予定です、と主催者は述べています。

"映画祭 "では、世界中の作家に作品を送ってもらい、グランプリを競います。コンペティションの審査員は、すべての作品を審査し、2022年の夏に受賞者を決定します。あなたのオリジナリティと芸術的ビジョンで私たちを驚かせてください」と、アロノフスキーはビデオメッセージで呼びかけています。

この映画祭は、特別なプラットフォームを利用したオンラインと、オフラインの両方で行われます。マリーナ・ジガロワとアレクセイ・ボコフが設立したパトリキ映画祭は、ロシアや外国の映画やシリーズをプレミア上映します。参加者の作品はすべて、オンラインで無料視聴できます。

イベントでは、いくつかのコンテストプログラム、俳優、監督、プロデューサーとのパブリックトーク、チャリティイベント、ガライベントなどが予定されています。

また、評議員会には、ロシア人民芸術家のコンスタンティン・ハベンスキー氏、映画監督のパヴェル・ルンギン氏、ヴィンザヴォド現代美術センターの創設者であるソフィア・トロセンコ氏などが参加する予定です。

メイド・イン・ロシア // メイド・イン・ロシア

著者カリーナ・カマロバ

0