MADE IN RUSSIA

すべての地域
日本語
主な

店舗では、自社ブランドのアルコールの売上が年間で20%増加した

店舗では、自社ブランドのアルコールの売上が年間で20%増加した

小売チェーンは、自社ブランド(CTM)のアルコールの売上を1年間で20%以上増加させた。VedomostiがNielsenIQの調査結果をもとに報じたものです。

この分野で最も高い伸びを示したのはビールで、売上高は金額ベースで39%、物量ベースで35%増加しました。

Rosalkogolregulirovanie社によると、今年の9ヶ月間における蒸留酒の小売売上高は、前年同期と同水準でした。一方で、STMのアルコール類の小売売上高は増加しています。例えば、Pyaterochka社の自社ブランドによるこうした発泡酒の取引は、1月から11月にかけて45%増加しました。

ブランディング・エージェンシー「Depot」のパートナーであるアレクセイ・アンドレーフ氏によると、今日のビールは、STMのプロモーションにとって「成功したカテゴリー」だという。同氏によると、多くの企業が同じ設備を使用しており、プライベートブランド製品の品質はブランド品に匹敵するという。同時に、後者のコストは8〜10%低い。

ブランド名を冠した強いアルコール飲料の販売も増えている、と同紙は書いている。例えば、ジンは28%、ラムは15%、ウイスキーは14%増加したという。

メイド・イン・ロシア // メイド・イン・ロシア

著者Ksenia Gustova

0