MADE IN RUSSIA

すべての地域
日本語
輸出

ロシアと欧州連合の貿易は年初から44%増加した

ロシアと欧州連合の貿易は年初から44%増加した

ロシア連邦産業貿易省は、同省のデニス・マントロフ長官とマルクス・エデラー駐ロシアEU大使との会談を終え、今年1月から12月までのロシアと欧州連合(EU)の貿易額が44%増の2,240億ドルに達したと発表した。

会談では、ロシア経済と欧州経済の脱炭素化における協力の可能性や、ロシアにおける地域化政策、木材産業、ペットボトル入りミネラルウォーターのラベル表示義務化などの問題が話し合われた。

「ロシアは、EUにとって5番目に重要な貿易相手国です(中国、米国、英国、スイスに次ぐ、2021年8月現在)。我々は、互恵的な貿易・経済対話をさらに発展させていきたいと考えています」と語ったマントロフは、モスクワが市内路線で使用されている電気バスの数で欧州の首都の中でトップであることを述べました。また、充電スタンドのインフラ整備や水素バスの試作品の作成についても触れました。

2023年には、水素で動く商用車の量産を開始する予定です。現在、水素の製造、貯蔵、輸送の技術が開発されています。例えば、現在、フランスのエア・リキード社とスウェーデンのボルボ社が積極的に協力しています。

「また、今回の会談では、木材産業分野の課題についても話し合われました。ロシア産業貿易省の責任者は、ロシアにおける木材の深層加工産業の発展を促進することが主な課題であると強調しました。この目的のために、2022年1月1日から針葉樹の輸出に対する関税割当を廃止する」と報道機関は述べています。

もう一つの議題は、国内のすべてのメーカーにミネラルウォーターの表示を義務付けることの導入でした。連邦税務局によると、影のミネラルウォーター市場のボリュームは30%に達する可能性があるとのことです。報道機関によると、ラベル表示の義務化は、ロシア市場におけるこれに対する重要な対抗メカニズムとなるはずです。

メイド・イン・ロシア // メイド・イン・ロシア

著者Ksenia Gustova

0