MADE IN RUSSIA

すべての地域
日本語
企業ニュース

「アルコール・バイオは、カザフスタンでのプレゼンスを拡大し、生産を現地化することを計画しています。

「アルコール・バイオは、カザフスタンでのプレゼンスを拡大し、生産を現地化することを計画しています。

企業グループ「アルコール・バイオ」は、カザフスタンでのプレゼンスを拡大することを計画している。この目的のために、同社の代表者はNur-Sultanを訪れ、潜在的なパートナーとの話し合いを行ったと、カザフスタンにおけるロシア連邦の貿易使節団は報告した。

また、同社は生産の現地化の可能性を検討しており、そのためにカザフスタンでの適切な工業企業の選定を貿易使節団に依頼した。

現在、この国内メーカーは80以上のテストシステムと1,000以上の試薬・酵素を生産している。同社はすでに地元の市場で活動していますが、今後は新たな開発や取り組みを推進する予定です。

「同社の従業員が開発した磁性粒子の自動化学発光分析装置MagnoLIAのプロモーションに興味を持っている」と貿易使節団は語った。MagnoLIAは、免疫化学的手法による免疫測定の分析段階を、このシステムでヒトの生体物質サンプルを同定した瞬間から研究結果を得るまで、オペレーターの介入なしに行うことができると規定されています。

本装置は、輸血ステーション、AIDSセンターの検査室、中央または民間の検査室、皮膚・性病科の診療所、研究センターなどで使用することができます。現在、登録手続きを行っています。

アルコールバイオの代表者は、カザフスタン訪問の一環として、同国の主要な研究所ネットワークであるKDLオリンパスおよび国立医薬品・医療機器専門センターの関係者とも会う予定です。

メイド・イン・ロシア // メイド・イン・ロシア

著者Ksenia Gustova

0