MADE IN RUSSIA

すべての地域
日本語
主な

Rostec社のコロナウイルス治療薬「KOVID-Globulin」が臨床試験を通過

Rostec社のコロナウイルス治療薬「KOVID-Globulin」が臨床試験を通過

ロシア連邦保健省は、Natsimbioホールディング社(Rostec社に属する)の開発に対する研究結果に基づいて、登録証明書を発行しました-医薬品KOVID-グロブリン。これは国営企業が報じたものです。

この薬は、すでにCOVID-19を発症した人の血漿に基づいており、コロナウイルスに対する抗体を含んでいます。その使用により、体が感染と戦い、重症化を避けることができる。

プレスサービスによると、プラセボ対照二重盲検比較試験の結果、本剤を併用した患者の10人中7人で、病気が重症化するリスクが減少したとのことです。COVIDグロブリンは、疾患の初期段階で使用すると最も効果的でした。

70%の症例で、治療により、サイトカインストーム、腎不全、血栓塞栓症の合併、急性呼吸窮迫症候群の発症、肺障害の程度の増加、臨床症状の悪化などの合併症の発症を防ぐことができました。

「国営企業のセルゲイ・チェメゾフ総監督は、「世界初の特異的抗共有免疫グロブリン薬は、臨床試験の最終2段階を無事通過し、その安全性と有効性が証明された。

今回の開発は、コロナウイルスとの戦いにおいて、ロシアの医療従事者の能力を大幅に向上させるものであると述べています。「今回の開発により、コロナウイルス対策におけるロシアの医療関係者の能力が大幅に向上する。

この薬の作用原理は、現在流通しているコロナウイルスの株を中和する抗体の特性に基づいている。抗体は、ウイルスの表面にあるタンパク質に結合して、ウイルスが細胞内に侵入するのを阻止し、体内でのウイルスの拡散を防ぐことができます。

ナツィンビオ社のアンドレイ・ザゴルスキー総監督は、抗体価の高いドナーの血漿のみを使用して製造していると説明しています。本剤は、高純度でウイルスに対する安全性が高く、元の原料に比べて抗体の濃度が高いのが特徴です。

メイド・イン・ロシア // メイド・イン・ロシア

著者Ksenia Gustova

0