MADE IN RUSSIA

すべての地域
日本語
主な

バシコルトスタン初のロボット化された農場をベースに、飼料工場が誕生する

バシコルトスタン初のロボット化された農場をベースに、飼料工場が誕生する

ロシア連邦農業省のウェブサイトによると、バシコルトスタンは、共和国初のロボット化された酪農場に独自の飼料工場を建設する予定です。

投資家は、アブゼリンスキー地区の農業企業「クラスナヤ・バシキリア」の敷地内に店舗を建設します。

飼料店の建物は、投資家がフレーム&チルト技術を用いて農場のサマースコエ村に建設します。同局によると、建物は軽いフレームのおかげで予算を抑えることができ、店舗はテントの透明性のおかげで明るく快適に仕事ができるとのことです。

テントと金属構造物は、共和国の会社によって作られています。

ロボットファームで飼われている動物たちの飼料を作るお店です。

「飼料の準備を一元化することで、動物の混合飼料の品質を大幅に向上させ、その準備にかかる人件費を削減し、飼料添加物や成分の会計を最適化することができる」と同省は述べている。

800頭のロボット酪農場を作る投資プロジェクトは、共和国ではユニークなものです。400頭用の最初の建物は、2020年にクラスナヤ・バシキリアにオープンした。このプロジェクトの総投資額は約5億ルーブルになるという。そこでは、毎年9,000トンのユーロスタンダードの牛乳が生産される予定です。

バシコルトスタン政府は、テントやフレームの建物を含む農業機械や設備の購入費用を補助します。

メイド・イン・ロシア // メイド・イン・ロシア

著者Ksenia Gustova

0