MADE IN RUSSIA

すべての地域
日本語
主な

ヤマロ・ネネツ自治管区で収穫されたトナカイ肉の量は2年間で6倍に増加

ヤマロ・ネネツ自治管区で収穫されたトナカイ肉の量は2年間で6倍に増加

ヤマロ・ネネツ自治管区(YNAO)では、民間のトナカイ飼育者が2021年に482トンの肉を納品した。これは2年前の6倍以上だと、同地区農産複合体部のリュボフ・オーマン副部長は言う。

「主な調達先は伝統的に農業団体で、739トン以上の鹿肉を提供しました。2年連続で、民間企業からの収穫量が大幅に増加しており、482トン、2019年にはトナカイの牧童-民間企業家が78トンの肉を提供しました」と述べた。

オーマン氏は、2020年に導入されたトナカイ飼育者を支援する地域的な施策のおかげで、ポジティブなダイナミクスが得られたと説明した。

メイド・イン・ロシア // メイド・イン・ロシア

著者マリア・ブザナコワ

0