MADE IN RUSSIA

すべての地域
日本語
企業ニュース

レッドソフト社は、ロシアのFSTECによるオペレーティングシステムの認証に成功しました。

レッドソフト社は、ロシアのFSTECによるオペレーティングシステムの認証に成功しました。

ロシアの開発会社Red Soft社のOS「RED OS 7.3」が、ロシア連邦技術輸出管理局(FSTEC)の情報セキュリティ認証システムのテストに合格した。これについて、同社のプレスサービスがMade in Russia編集部に伝えた。

RED OS 7.3は、認定試験機関による試験の結果、情報セキュリティ要件に準拠しており、情報セキュリティツールおよび情報技術セキュリティツールの信頼度レベル-信頼度レベル4、オペレーティングシステムの情報セキュリティ要件、第4保護クラスのタイプAオペレーティングシステムの保護プロファイルが確立されていることが確認されました。

認証されたオペレーティングシステムは、不正アクセス(UAS)に対する情報保護ツールとして、重要情報インフラ施設(CII)、国家情報システム(SIS)、生産・技術プロセスの自動制御システム(ACS TP)、個人情報情報システム(PIS)を保護クラス1(重要度区分、レベル)まで、また、公共情報システム(PIS)を保護クラス2まで保護することができます。

また、RED OS 7.3の認定版には、LTSコアのLinux 5.10が含まれており、特に、ビデオガスペダルのIntel Comet Lake(第10世代Intelプロセッサ)とAMD Ryzen 5000をサポートしています。アプリケーションおよびサーバーソフトウェアパッケージの最新バージョンを含み、幅広い周辺機器をサポートしています。

レッドソフト社の副社長であるルスタム・ルスタモフ氏は、ロシアのFSTEC認証は製品開発の重要な段階であると指摘しています。"テストに合格することで、その国のITインフラを最も機密性の高い分野で保護するために使用できることを公式に確認するものです。RED OSは再びこれらのテストに合格し、国のIT主権を強化するために導入を推奨します」と述べています。

FSTEC認証#4060は、2021年12月16日に更新され、2024年1月12日に有効となります。

メイド・イン・ロシア // メイド・イン・ロシア

著者マリア・ブザナコワ

企業・ブランド

0