MADE IN RUSSIA

すべての地域
日本語
企業ニュース

AgroKhimPromは、産業貿易省の肥料不輸出の勧告を強行とし

AgroKhimPromは、産業貿易省の肥料不輸出の勧告を強行とし

ロシア産業貿易省が推奨するロシアの肥料輸出の停止は、生産者の利益を直撃するが、この措置は今や強制的であり、必要なものだ。状況が安定すれば供給は再開されるが、他の市場に振り向けられる可能性もあると、科学生産協会AgroKhimPromのジェネラルディレクター、アレクサンダー・タイノフ氏は述べた。

3月4日、同機関は国内生産者に対し、状況が安定するまで海外への肥料供給を停止するよう勧告した。

AgroKhimPromの代表者によると、このような措置は供給者の利益に影響を与えざるを得ず、特に輸出活動が総売上高の大きな割合を占めていたり、現在ロシアから実際に切り離されている国との間で行われていたりしている供給者は、その影響を受けざるを得ない。

「現在の環境では、このような措置は必要であると我々は考えている。植物保護剤や農薬の海外大手メーカーがロシア市場から撤退したため、ロシア市場では論理的にこれらの製品の不足が生じるだろう」と、タイノフはMade in Russia編集部との対談で述べている。

孤立化が進む中、国内の農業従事者が畑仕事を成功させ、最終的に必要な食糧を国に供給できるようにするためには、必要なものをすべて手に入れることが重要であると専門家は考えている。

「だから、輸出をある程度制限することは、やむを得ないことではあるが、好都合な措置である。将来、状況が安定すれば、輸出活動は、おそらく地理的なベクトルを変えながら、速やかに通常のコースに戻るはずです」と、同社代表は付け加えた。

現在、同社のデータによると、農作物の生産に必要な国産薬剤の需要が増えているだけでなく、農家の経費節減に役立つ薬剤の重要性も高まっているという。例えば、成長調整剤、エリシター、タンクミックスの品質を向上させる製剤、スーパーウェッティング剤などです。

「このため、当社としては、SCS.technologyやUpgradeなどの製品を国内市場に必要な分だけ供給できるよう、全力を尽くします。また、従来型農薬の販売も今シーズンから強化する。このようにして、ロシア農業が国の困難な状況を乗り切るための一助となることを期待しています」と述べた。

タイノフ氏によると、AgroKhimPromは肥料そのものではなく、成長調整剤、殺菌剤、タンク混合用特殊製剤などを輸出しているため、産業貿易省の勧告は同社にほとんど影響を及ぼさないという。

最新情報は、テレグラムチャンネルでご覧ください。

メイド・イン・ロシア // メイド・イン・ロシア

著者Ksenia Gustova

企業・ブランド

0