MADE IN RUSSIA

すべての地域
日本語
専門家

Bidzaarの創設者は、個人顧客やサプライヤーに無料の機会を提供することを命名しました。

Bidzaarの創設者は、個人顧客やサプライヤーに無料の機会を提供することを命名しました。

サプライヤーは、Bidzaarのプラットフォーム上で無料で自社製品の買い手を探したり、それに必要な商品の購入依頼をすることができると、同社の創設者Andrey Chernogorov氏は語る。

「サプライヤーは入札に参加するために何も支払っていないのです。落札された場合のみ手数料を支払う。各サプライヤーは購入要求を出すこともできます」 - 彼は「調達:ビジネスのための新しいパートナー」というテーマで行われたラウンドテーブルでそう述べました。Bidzaarのプラットフォームは、サプライヤーと顧客が注文を再分配できるように、すべての障壁を低くしたと創業者は付け加えました。

また、今月は過去6カ月間で最も成長した月であると語りました。"これは、以前は多くの調達が「サプライヤーから」「exeleで郵便で」という形式で行われていたために可能だったことです。今は、それがすべて崩壊してしまった。市場を定性的に分析し、サプライヤーを選別できるのは取引プラットフォームだけだ」とチェルノグロフは強調した。

今、ポータルで最もホットな話題は、IT分野だという。同社の創設者は、外国製プロセッサーで輸入された機器の残りを顧客が買い占めていると説明した。

「そのため、今は輸入したものをできるだけ正しく流通させることが重要だ。トルコ、カザフスタン、インド、中国など、中立的な国から商品を輸入する方法を知っているサプライヤーと、このサイトで直接リンクを作りました」 - サイトの創設者は続けた。

彼はモスクワ当局に情報支援を要請し、サプライヤーの首都ポータルに登録する際にローミングの議論を許可しました。

"私たちの部分については、我々はおそらくそこにない4万人のサプライヤーをアップロードすることができます "と彼は付け加えました。

Bidzaarは、民間企業のための調達プラットフォームです。今、国の150最大の民間企業がここで彼らの購入を配置し、主に彼らは、中小企業を表しています。

テレグラム・チャンネルで最新ニュースを読む

0