MADE IN RUSSIA

すべての地域
日本語
輸入代替品

"そのような資金を割り当てたことはない"。ミシュスチンの国家議会でのスピーチ

"そのような資金を割り当てたことはない"。ミシュスチンの国家議会でのスピーチ

写真デュマサイト

ミハイル・ミシュスティン首相は本日、ロシア連邦議会で年次報告書を提出した。Made in Russiaの編集スタッフは、経済の状況やビジネスを安定させるための計画に関する内閣の長の重要な発言を収集しました。

産業支援

ミシュスティン氏によると、今日、当局は業界を支援するために前例のない措置を取っている。ミシュスティン氏は、播種キャンペーンのためのAICへの補助金融資に300億ルーブル、戦略的AIC組織への補助金融資支援に260億ルーブル、農民に必要な設備取得のための「Rosagroleasing」の追加資本に120億ルーブルが割り当てられていることを想起した。

これとは別に、パン屋への助成に 25 億ルーブル、輸送物流に 20 億ルーブル、繁殖センター設立の支援に 50 億ルーブルが割り当てられている。

「このような資金を配分したのは初めてです。結果は上々です。予定されている資金は、前進を続けるのに十分なものだ」と述べた。

また、主要産業向け部品の自社生産開始を促進するため、特別助成金制度が導入されたとミシュスチンは指摘した。「この助成金で、設計図書の開発を促進する。この制度を細かく調整し、今年から報酬額を費用の80%から100%に引き上げました。3年以内に、これらの目的のために少なくとも36億ルーブルを費やす計画だ」と指摘した。

また、内閣は引き続き基幹企業支援のための資金を増やし、雇用支援に約510億ルーブルを充てる予定であると付け加えた。

"我々はあらゆる方法で若者の起業を支援する。2030年までの若者の雇用を促進する長期的なプログラム」という非常に重要なプログラムがある。2022年には100億ルーブルが割り当てられ、26万人がこのプログラムに参加します。そして、トレーニング、プロジェクトの加速、メンタリング、若手起業家クラブの活動など、さまざまな施策があります」 - 首相は続けた。

また、観光客のキャッシュバック制度を4月15日まで延長することを決定した。"だから、少なくとも150万人以上の観光客が、ロシアのどこでも旅行を買ってくつろぐことができるようになるのです。VATや既存のホテルのオーナーに支払う必要はなくなる。私は、これはビジネスのための非常に良いインセンティブになると信じて、ホテルのための具体的なサポートになる" - Mishustinは言った。

脱官僚主義

政府首脳は、中小企業であっても運転資金を補充するために安価な融資を受けられるようにすることが、今非常に重要であるという事実に注目した。「このような融資の利率の90%までを補償する補助金を受け取ることができるようになる。これは、革新的な企業が従業員を維持し、生産量を削減しないための機会を与えるだろう」 - 首相は信じています。

"さて、譲許的融資プログラムについてです。4つのプログラムがあり、"回転 "と投資のための約1兆ルーブルの信用ポートフォリオがあります。今日現在、これらのプログラムの中で、3,000人の借り手に対して約545億ルーブルの新規融資が実行されています。我々は、銀行がより速くそれを行うために、資金が提供されるようにしたい "と彼は付け加えました。

もう一つの重要な点は、脱官僚化と管理圧力の軽減であるとミシュスティン氏は強調した。

「これは一時的な措置ではなく、政府の一貫した姿勢である。大統領との合意で、すべての検査のモラトリアム(一時停止)が導入された。もちろん、市民の安全と健康のためということでなければ。ビジネス・アソシエーションは常にこの立場を支持してきました。そして、この種のコントロールがビジネスマンにとって非常にデリケートなテーマであったことも理解している」と説明した。

ただし、同国における表示制度の整備は今後も続くと指摘した。"表示 "については、すぐにでもお伝えします。これだけ国の規制が減っている中で、会計制度を壊さないようにするためには、これしか残されていない。表示から離れることはない。しかし、緩和はする」とミシュスチン氏は語った。

首相によると、現在の国策はすでに成果を上げている。IT企業の数を増やし、新しいスタートアップを作り、これらのサービスの輸出を増やすなど、経済に貢献することで、「私たちが採用した最初の利益パッケージは、我が国に420億ルーブルをもたらした」と述べた。

また、ミシュスティン氏は、現在の状況について、ロシア人が直面している物資不足は人為的なものであると強調した。

「3月初旬、生産者から小売業者まで、小売業界全体が基本的な必需品全般に対する駆け込み需要に直面しました。人々は、棚が空っぽになり、価格が上昇するのを恐れた。そして、この状況を利用しよう、人々の恐怖心を利用しようと考えた人たちがすぐに現れました。パニックに乗じて儲けようとした人たちを、私たちは直接的に「ペテン師」と呼ぶべきだろう。そして、商品を在庫しておきながら、まったく別の価格、別のルートで販売することで、人為的な品不足を作り出したのです」と強調した。

「今、経済は変化に適応している最中であり、再調整には時間がかかる。このような打撃を受けながら、少なくとも半年間の調整期間がないことはありえない」とミシュスティン氏は結論づけた。

テレグラムチャンネルで最新ニュースを読む


0