MADE IN RUSSIA

すべての地域
日本語
専門家

専門家は、海外ブランドの撤退により、ショッピングモールの収益が最大70%失われると予測している

専門家は、海外ブランドの撤退により、ショッピングモールの収益が最大70%失われると予測している

今日、160社の外国企業がロシアでの活動を停止している。ショッピングセンターが最終的に撤退した場合、収益の70%を失う可能性があることが、不動産会社のナイト・フランクによって明らかにされた。

Kommersant "によると、160のブランドのうち、21%がファッション業界、13%が自動車小売業、10%がコンビニエンスストアであるという。

ロシアから完全に撤退することを決めた企業はわずか6社だが、この数字は今後増える可能性があると、調査・コンサルティング会社「フォーカス」のマイケル・ヴァシリエフ代表は指摘する。彼は、半年もすれば状況は明らかになると考えている。ブランドが完全に閉店して撤退するか、ショッピングセンターが自らそれを要求するか、どちらかだろう。

CBREの小売部門責任者であるMarina Malakhatkoの試算では、外国企業がロシアから撤退することになれば、ショッピングセンターは売上の30%から70%を失う可能性があります。一方、ブランドは家賃を払い続け、店舗を解放しない。

現在でも、商業施設のデベロッパーやオーナーは、撤退する企業の代わりを探し始めており、そのため、中国、インド、トルコ、韓国のカウンターパーティとの協力に前向きです、とMalahatkoは付け加えました。Fashion Consulting GroupのCEOであるAnna Lebsak-Kleimansは、この場合、主に供給者を見つけることが問題であると考えています。

Knight Frankの小売不動産部門の地域ディレクターであるEvgenia Hakberdieva氏によると、ロシアのデザイナーが生産量を増やすためには、代替物流や新しいサプライヤーとの関係を構築する必要があるため、2~3年かかるだろうという。

最新のニュースについては、当社の テレグラムチャンネル

0