MADE IN RUSSIA

すべての地域
日本語
文化

チュバシアで現代美術ビエンナーレが開催されます

チュバシアで現代美術ビエンナーレが開催されます

10月8日から30日まで、チェボクザリで「現代美術ビエンナーレ」が開催されます。この種のイベントは、この地域にとって初めてのことです。展覧会と、教育イベント、パフォーマンス、アートマスタークラス、市内を巡る作家ツアーなどの文化プログラムが来場者のために用意されると、ビエンナーレの主催者は社説「Made in Russia」に語っています。

ビエンナーレのテーマは「X Stories」と呼ばれ、文化的・民族的歴史を構成する物語、神話、信念を指している。

"30人以上のロシアと外国のアーティストが、文化コード、遺産の歴史、国民性をテーマに、ビデオアート、写真、インスタレーション、彫刻、絵画など様々な媒体で作品を発表します。このイベントの主眼は、現代文化の文脈の中で伝統的な芸術や工芸を新たに読み解くことにあります」と、主催者は述べています。

チュバシュ共和国のゲオルギー・ボグスラフスキー文化省副大臣は、「今日、文化の世界は地理的な多様性と分散化を求めています。「地方に博物館ができたり、各都市が名刺代わりにフェスティバルを開催したり、村にクリエイティブな集落ができたりしています。しかし、このような変化は、原則として、人口数百万人の都市か、小さな農村のどちらかで起こっているのです。一方、人口1,000人程度の都市では、大規模なプロジェクトの蓄積が始まっており、我が国はまさにこの創造的な道のりの始まりにある」と述べた。

同省の代表は、異なる地理的文化的空間の創造的代表者間の対話のための新しい空間を作ることの重要性を指摘しました。

ビエンナーレの詳細については公式ウェブサイトをご覧ください。

最新のニュースについては テレグラムチャンネルをご覧ください。

著者エカテリーナ・イワノワ

メイド・イン・ロシア // メイド・イン・ロシア

#sdelanovRussia

0