MADE IN RUSSIA

すべての地域
日本語
企業ニュース

ロシア、ベネズエラに500万回分のインフルエンザワクチンを供給へ

ロシア、ベネズエラに500万回分のインフルエンザワクチンを供給へ

サンクトペテルブルク・ワクチン・血清研究所は、ベネズエラに500万回分のインフルエンザ・ワクチンFlu-Mを供給すると、医療機関のプレスサービスがメイド・イン・ロシアに伝えた。

このように、250万回分を運ぶ最初の便は4月15日に南米の国に到着した。さらに4月28日には別のバッチが届けられる予定です。合計でベネズエラは500万回分の国産ワクチンを受け取ることになる。

この薬剤は、ニカラグアから特別便で首都カラカスに運ばれました。ニカラグアには、ロシアとカラグアの免疫生物学企業「メチニコフ研究所」があり、ワクチン製造の最終段階はこの研究所で行われました。

ニカラグアのメチニコフ研究所のスタニスラフ・ウイバ所長によると、ベネズエラは両国の大統領間の合意の一環として、3年連続でインフルエンザワクチンを受け取っているとのことです。今回の流行期には、この国に500万回分を供給する予定です」。このワクチンは、ロシアのFMBAのサンクトペテルブルク・ワクチン・血清研究所から供給された物質から製造されました」と明言しました。

最新のニュースについては テレグラムチャンネル

著者エカテリーナ・イワノワMadein
Russia/メイド・イン・ロシア

0