MADE IN RUSSIA

すべての地域
日本語
輸入代替品

Opora Rossii "によると、経済の構造的変化の中心は小企業であるべきだという。

Opora Rossii "によると、経済の構造的変化の中心は小企業であるべきだという。

Opora Rossii "代表のAlexander Kalinin氏は、制裁の制限の中でロシア経済は構造改革を必要としており、それは主に中小企業と関連しているはずだと述べています。

「多くの点で、社会のエネルギー活動のレベルを形成しているのは中小企業です。私たちは常々、経済の構造は大企業に集中していると言ってきました。しかし、経済は2本の足で動くべきで、それは中小企業と大企業なのです」と述べました。

カリーニン氏は、新たな制裁措置の対象が金融部門と原料加工であることを想起した。「そして、今こそ中小企業の役割と経済への貢献が前面に出てくるのです」と述べました。

専門家は、最新の利用可能なデータによると、2020年に - 国のGDPに対する中小企業の貢献は20.4%、雇用は30%であったと指摘した。同時に、それぞれ40%、50%に焦点を当てる必要があるとKalinin氏は考えています。

「今の数字は、不活発な人がいるということではなく、経済の仕組みがそうなっているだけです。もちろん、そのためには構造改革が必要だ。すでにパッケージで対策がとられており、中には長い間議論されてきたものもある」と強調した。

また、「今日、ビジネスは国から前例のない支援を受けているが、ビジネス環境を改善するための努力は続けなければならない」とも述べた。「この法律では、中小企業に対する差別は許されないこと、中小企業の発展のために有利な環境を提供することが当局の責任であることを示すべきです。形式主義を禁止し、"小企業のことを考える "という原則を発展させ、小企業のための新しい投資モデルも必要だ」と述べた。

また、「農業や農業を中心に大きな成長が見込まれている。「しかし、自給自足のための新しいサプライチェーンを構築する必要がある。コモディティ流通網に商品を乗せることができない農家は、今はもういない。消費者協同組合、労働組合の発想に立ち返り、国の譲許的な融資を利用して流通網を作る必要がある」と説明した。

さらに、小規模な工業企業を支援することも必要だ。「産業界には、中小企業が30万社しかない。さらに30万社が建設中だ」とカリーニン氏は述べた。

最新のニュースについては テレグラムチャンネル

著者Alexandra ZaslavskayaMadein
Russia // メイドインロシア

0