MADE IN RUSSIA

すべての地域
日本語
輸入代替品

首都圏の印刷会社、売上高20%増、輸入代替品開発へ

首都圏の印刷会社、売上高20%増、輸入代替品開発へ

首都にあるOnebook印刷所は、企業の生産性を向上させるための糊付けミシン購入のために1760万ルーブルのリース融資を受けました。中小企業庁のプレスサービスによると、このリース融資はバシコルトスタン共和国のRLCから提供されたものです。

新しい設備により、同社は印刷製品の生産速度を上げ、売上高を20%増加させ、設備納入後1年以内に収益性を6〜8%改善することができるようになります。費用は2,350万ルーブルと見積もられています。

"2021年、当社は利用可能な生産量の上限に達しました。当社のサービスに対する需要の高まりに伴い、一部の機器をより高速で生産性の高いものに交換する必要が生じました。最新の設備は、新しい顧客を獲得し、常連の顧客に対するサービスの範囲を拡大するための新たな機会を開きます」とCEOのArtem Sorokinは述べています。

同社は今後も、あらゆる複雑な出版プロジェクトを実現するために、輸入代行を含む生産能力の開発を続けていきます。

同社は、年間約35万冊の書籍を生産しています。昨年末の売上高は約1億3,500万ルーブルでした。

最新のニュースについては テレグラムチャンネル

著者Ekaterina Ivanova
メイドインロシア // メイドインロシア




0